マイカーを手に入れた!

ブツは1000ccのマーチ。大雨の中、職場から自宅まで乗って帰りましたよ。つか、今まさに接近中の台風で飛ばされなきゃいいけど・・・引き渡されたその日にパァになったらマジ笑えるな。現在無保険だし。
結局、この度の駐車場探し~駐車場の賃貸契約~車庫証明~名義変更まででかかった日数はおよそ12日。保証人が遠方に住んでいるもので駐車場の賃貸契約に時間がかかったけど、土日をうまく使えばもっと短縮できたかな。車庫証明は、月曜朝に申請して水曜朝には発行され、意外と早かった。申請時にちょっとしたトラブルがあったので、首尾よく発行されるか心配だったけどね。とはいえ、毎日のように仕事があるなかよく頑張ったよ俺様、ほんとに。仕事の合間に電話したり、朝9時前に警察に行ったり。

まあアレだな。マーチにサンクステイルつけたい。

殴られないで大きくなった奴があるかッ!

駒大苫小牧の野球部部長が部員を殴ったとの事。なんか「暴力を振るった」な~んて表現に変わって報道されてる今日この頃ですが。

殴ることが良い事とは思わないけど、昔は先生が生徒を殴るなんて当たり前だったんですよね。私も小学校の頃こわ~い教頭先生にゲンコツで殴られた記憶があったりするわけですが、なんというか、教育者としての当然の義務を果たしてると思えばゲンコツも愛の鞭・・・そう、愛の鞭です。
愛ってのは双方の了解で成り立つ信頼関係のようなものですよね。だから、愛のない叱責ってのは善悪以前に無意味なエネルギー浪費だし、受け入れられない愛ってのも迷惑極まりないのですね。んで、今回の場合はどうなんだろうと。

あとひとつ思うことは、高校野球っていろいろとドラマがありますよね。例えば去年の駒大苫小牧の優勝、白河の関を越えた優勝旗だとかさ。あと、監督に叱責されて立ち直った投手だとかさ。いわゆる高校野球ファンと呼ばれる人たちってそういう美談なんかは好きなくせに、監督や部長が選手を叱り飛ばしたという単なる事実だけに注目してあーだこーだ言ったり。チームの秩序を保つのも上に立つ人の努めだし、チームの雰囲気を壊すような選手を粛清するのは強豪校かどうかに関係なく必要なこと。本当はそういうことって選手たちで何とかしたいところだけど、でも教育者としての立場をわきまえた上で子供たちに手を上げることは教育者としての義務でないかと私は思うのさ。
昨今の教育改革?で教師側がいろいろ窮屈になったことはご存知ですよね。理科の先生が水酸化ナトリウムを生徒に触らせただけで保護者からクレームが飛ぶとか。じゃあ保護者たちよ、あなたたちはいったいどんな教育をしてるのかと。必要なことを子供たちに教えているのか? 都合のいいところだけしゃしゃり出るのはやめてほしいよほんと。明治の教育改革の頃、親たちは「学校は勉強だけでなく、躾までしてくれる」と歓迎したそうです。今はどうでしょ。

殴るなら自分の手で殴りなさい。スリッパやら竹刀やら、モノで殴るな。人を痛めつけるときは、自分も苦しみなさい。

念願のmyカー入手作戦進行中!

というわけなんです。知人が諸事情により車を手放すことになり、棚からぼた餅よろしくそーゆーことに。
とはいっても、普通自動車の名義変更は手続きが複雑そうです。新所有者の私は印鑑証明と車庫証明を提出するだけで全体の手続きは業者さんがやってくれるのですが、現在駐車場のない借家を間借りしているため新たに駐車場を借りなければいけない。で、いくつかの管理会社に連絡を取ったところ、新たに借家を借りるのと同様の賃貸契約をしなければならない模様。つまり、保証人だとか審査だとか。こりゃあ~新たに駐車場付きマンションでも借りて新住所で車庫証明を取った方が面倒が少ないべ。最近引っ越しも考えてたとこだし一石二鳥。がしかし、車を破格の価格で譲ってくれるその方はあと2週間ほどでいなくなってしまうため、手続きは急を要する。借家の賃貸契約なんかしていたら住所変更とかある(自動車の保管場所は現住所から2km以内にないといけないし、印鑑証明もおそらく管轄の役所で取らないといけないだろう)し、とってもじゃないけど間に合わね。しかも印鑑証明を取る前に印鑑登録をせなならね。しかもしかも忙しくて来週火曜あたりまで役場に行かれね!

というわけで、ここは諦めて月極駐車場を借りることにした次第です。うちの近くで多少安価な駐車場を見つけて電話でいろいろ聞くところまではやったので、明日仕事の合間を縫ってそこの管理会社の事務所に行って契約をしてこようかなと。2年契約ということなのでおそらく違約金を払って数ヶ月で引き払うことになるが仕方なし。まあ土曜日でそこの事務所がやってなかったらパァだなパァ。日曜月曜も仕事だし。

今日は短めの文章で

プレイ日記というか、今日はスクリーンショットを何枚か掲載してみようかなと。というか、スクリーンショットを99枚しか保存できない仕様ってどうなん? PS2はたいそうなHDを搭載してるんだから、65536枚くらい保存させてくれよ。せめて、USBメモリで持ち出せるようにするとか、PS2単体で(パソコンを介さずに)ネット上の個人スペースにアップできるとかしてクレクレ。
というか最近忙しくてぼーっとだらだらする時間がない。今日も今日とて初対面の人(大学教授)に「名刺ないの?」といわれて心に深い傷を負った(携帯を忘れて現場に向かった自分が悪いのだけど)。まぁ名刺はいろいろ使える便利ツールだから、個人的に製作しても何ら問題ない、むしろ組織の名前を騙る以上常備せねばと思い早速自作してみたり。
というわけで、以下はFFXIのスクリーンショット。ナローバンドの方は注意。

続きを読む

超有名ヴァイオリニストを間近に見た

安永 徹・市野あゆみ・石坂団十郎演奏会

ホント偶然、運がいいというか、上記の演奏会のステージマネージャーをやることができました。

・・・本当は某大物?ステマネの補佐役だったのです、が、ゲネプロに立ち会い、安永さんご本人と相談しつつ椅子の位置やら立ち位置やらを打ち合わせたことから、本番でのセッティング替えも急遽任されることに。タナボタよろしく降って沸いた大役?にかなり戸惑いましたが、こんなオモシロイ事を逃す手はない! と引き受けることに。だって安永徹ですよ、安永徹。クラシックを少しでもかじったことのある日本人なら彼を知らない人はいないでしょう。もちろん私もお会いするのは初めてでした。

そして本番、kitara小ホールはお客さんが舞台のすぐそば、かなり緊張しましたがすばやく舞台転換でき、ほっとしたのもつかの間プラスαの部分が出来てないことを指摘され苦笑。休憩中の舞台転換ではほぼ完璧?(笑)トータルとしては出演者のみなさんにもそれなりにご満足いただけたようで、反省点もありますが大満足で帰宅。

とはいっても、ゲネプロ中に椅子や譜面台の位置は完璧にバミってあったし作業自体はとてつもなく簡単なのですが、自分の経験も浅い上に、彼らが気持ちよく、そして実力を十分に発揮できる環境を整えようとする気持ちばかりはやって緊張感は高まるばかり。まぁ自分一人の力で出来たわけでは全くなく、ピアノ調律師、小ホール付きの技術者たち、主催者、そして某大物?ステマネ各氏の力が合わさったものです。そういう場にいて、微力ながら力添えが出来て、そして公演が大成功に終わるという体験は何ものにも代え難い・・・? のかもしれません。うむむ!

SBニューヴァージョン

当方が利用させていただいているSBというブログシステムがヴァージョンアップしています。
sb開発研究所
当サイトも8月上旬に新ヴァージョンに移行する予定。

ところで、旧サイトでお世話になったUUHP 無料ホームページ様ですが、どうやらサービスを継続される模様。広告バナーなしのwebスペースをお探しの方は、こちらを利用されてはいかが? ちなみに旧サイトも、当面は存続する模様。

またもや旅の空~懐かしい内地の風(仮)

今松坂にいます。いあ~最近のBHは進んでるねぇ。全館無線LAN完備だってさ。おかげでこうして自宅にいなくともネットに繋がるわけですが。あ、ノーパソ持込みですが。
旅は道連れとは言いますが、旅先で出会う人ってのもまたいいもんで。たった一度の出会いなんだけど、良くしてもらった感謝の気持ちは今でも残っているわけで。今後再会することはないような人たちと一緒に仕事をして、それなりの成果を挙げて、我々は再び旅立ち、彼の人たちはこの地に留まる・・・なんつーかイメージの世界なんだけど、大航海時代の船乗りの気分というか、街から街へ渡り歩く旅芸人の気分というか・・・ちょっと大袈裟かもしれないけど、そんな感傷的な気分です、ハイ。だから、別れ際に心からありがとうと言える。その人たちとまた仕事がしたいけれどそういうわけにもいかず、プライベートで付き合いたいけどそんなわけにもいかず、私は次の目的地へ向かうだけ・・・なんちゃって。まあいちいち涙の別れなんてしてられませんってか。寝不足と疲労とルービと松阪牛でちょいとお脳をやられている今日この頃。

続きを読む

ニッポンフィールって何さ

今朝のNHKおはよう日本でニッポンフィール特集みたいなのをやってました。恥ずかしながら私、その時初めてニッポンフィールという語を知ったのですが、簡単にいえば韓国の若者を中心に広まっている、日本の若者の流行を模倣したファッションといったところでしょうか。日本でも話題になってる韓流のあちらさんVer.みたいなものでしょう。ただ韓流と違う(と私が思う)のは、日本側のそれは(おそらく)視聴覚メディアを視聴したりそのバックグラウンドともいえるあちらさんの文化を学んだりして、自分の人生や考え方の糧としていると思うんですよ。まあ一部そうでない方々もいますが、全体的に見てみると、そんな気がします。
でもニッポンフィールなるものは明らかに違いますね。テレビで見た限りではただの表面的なパクリで、そこに独自性も人間性も感じません。あちらさんで今とても繁盛しているという美容室なんか笑えます。美容師が踊りながら髪を切ってるんです。日本にああいう猿真似師みたいな人がいるのかどうかは良く知りませんが、よくもまあ恥ずかしげもなくああいうことができるものだなと。しかも誇らしげに。
Googleの検索結果を見る限りだと、これを好意的に書いている人はいませんね。まあ私としてはあちらさんがニッポンフィールなんていう非人間的なことをやって喜んだり人間性を低下させたりしたところで別になんとも思わないのですが、日本人としてひとつ知っておかないといけないことがあると思っていて、それは向こうはパクリ文化が浸透してる(らしい)ということ。こちらとか。パクリ=悪という気はないけど、パクっているという自覚がないってどういうことなんだろう。今さらニッポンフィールなんてオサレな造語を出されてもねぇ。おとなりさんからすれば、四様♥とか言ってはしゃいでいる我々なんてまだまだ甘いんでしょうね。

1 83 84 85 86 87 88 89 90

- Rental Orbit Space -