人を選ぶというのは身勝手かも知れないけども

多少自分が不利益をこうむっても、こん人に尽くしてあげたい、そう思う瞬間はある。そんなに大袈裟な話じゃないし、そこまで不退転の決意を持っているわけでもない。単純に、人の不幸を喜ぶ習慣を持ち合わせていないだけで。
棲み分け?平たくいえばそうかもしれない。自分が(専門的に)できること、相手が専門にしていること。それは、ときには分担作業とも呼ばれ、大局的にみれば、時代という巨大な地球儀を回転させるための、ひとつひとつの小さな、そして、哀しいことに自由意志を持った歯車となる。ちょっとした疑念が大勢を狂わせ、そして、ちょっとした心の通いあいが巨大な原動機となる。
男として、男に惚れる瞬間、これもおつなものだ。いわゆる801(死語か)とか、そんなレベルの話じゃない。こん人に一生付いて行こう、そこまで己をドライヴする漢に出会った瞬間の衝撃というものはまさに筆舌に尽くしがたいわけで。でも、全ての人間に対してそう思うことはないわけで。人を区別し、選定している時点で己の矮小さを身にしみて感じたり。とりあえず、青二才の筆者が最近惚れた漢、それは、小林旭。インタビュー4は必見。というか時間と帯域を無駄に余らせている御仁は必ず見ろ。熱き心に・・・

商えぃ!

有効求人倍率が1倍を回復したからといって、雇用のミスマッチとかもあって全ての求職者が職にありつけるわけではない。まあでも、ごく普通の人は就職する=サラリーマンとなるということなので、いい使用者・企業に恵まれる人は幸せだなと。
とはいえ、ビジネスチャンス、それは結構いろんなところに転がっているな~ということをよく考える。もちろん、それを実行し起業家となることは並大抵の人間にできることではない。もちろん私にはその度胸も資質もない。それをふまえた上で、机上の空論を膨らませてみるのもまた楽しいものだ。

一言でいうと、疲れた現代人の心のスキマ・・・じゃなかった、疲れた現代人に癒しをもたらすことや、夢や希望を与えるような仕事が面白いのかも。癒し系なんて言葉もあるけど、例えばリラクゼーション施設とか。以前ニュースで、お寺が人々の駆け込み寺・・・というと大げさだけど、ちょっとしたリラクゼーションスペースとして使うという特集を見た。お寺が喫茶店に、住職さんが悩み事相談相手に、境内でちょっとした運動をみんなでやったりとか、いわゆるコミュニケーションの場として使っていた。ビジネスとは直接結びつかない事例かもしれないが、現代人が無意識に、あるいは意識的に求めているものを提供できれば、自然と人は集まってくるのかもしれない。また、子供の頃遊んだ玩具を大人になって再び買い求める、なんてこともある。大人の科学シリーズ、電子ブロック、ラジコン(面倒なのでアンカー省略)・・・あるいは、癒し系グッズなど、この分野って非常に面白い。玩具メーカーのサイトなんかも見てて飽きない。
夢と希望という美辞麗句で飾るには不謹慎かもしれないが、うまくやれば、あるいは運がよければお金が儲かるというものである。パチンコ、競馬、宝くじなんか。まぁ・・・自分でもやってるから分かるけど、こういうのって必死になってやったら疲れるし、負ければいっそうストレスがたまる。パチプロなんてとんでもない、私にはなれない(笑)。閑話休題。ともかく、パチンコ屋は日々大盛況ですよ。まさに老弱男女がお金を落としていきますよ。爺さん婆さんが年金?をはたいて大海をやっていますよ。ときどき隣のおばちゃんが「コレってどういうシステム?」と尋ねてきたり、隣のおじさんと激熱リーチに一喜一憂したり、疲れた顔したサラリーマンが、ようやく大当たりを引きちょっとだけニコッとしたり・・・そういった些細なコミュニケーションがすごく嬉しかったりすることもある。昔の銭湯を彷彿とさせるような、そんな心の揺らめきが、大音響と紫煙で飽和しているホールの片隅に生まれたりすることもあるのだ。

というわけで、技術の進歩、文明の進化とは逆行するような分野が、庶民的には意外とホットなのかもしれない。いちおう私も、人々に夢を与える仕事をしているとの誇りを持っている。儲からないけどね。

上ではわざと言い直したけど、究極的にいえば、心のスキマ、お埋めしますってことなのかねぇ。

錬金術・・・それもいいじゃんね

NIKKEI NET:景気ウオッチ
昨年12月の有効求人倍率は1.00倍だったとか。なんかもうピンとこないが、1倍台を回復したのは1992年9月以来、13年3カ月ぶりとのこと。
ただし、リストラ、採用見送りの波は人事院にまで波及してるし、とってもじゃないが景気が上向いているとは思えない。IT関連w製品、電気製品を中心に価格の下落は続いている(安かろう悪かろうの傾向もあり)し、株式市場の脆弱性や株取引に関するトラブルの多発は、一歩間違えば在りし日のバブル崩壊の危険さえ孕んでいるように思えてならない。
余談だが、私はあまり堀江氏を非難する気にはなれない。確かに彼は法律を犯し、刑事告発を受けるに十分な罪を犯した。ただ、彼の行ってきたビジネス戦略には学ぶべきものが多いというか、他の企業もぜひやるべきだと思える行動が多かったとおもう。例えば衆議院選挙への出馬。彼なんかが民意を反映してくれるはずはない!という良識を持った人が広島6区には多かったのか、彼は無事に落選した。これとて、単なる売名行為である。名を売ること、これはビジネスの基本である。
そして株式分割。これは商法によって認められた正当な行為である。詳細説明はリンク先に任せるとして、堀江氏はいわば法的に生温く保護された錬金術ともいうべきもので株価を上げ、自社の価値を上げ、ネームバリューも手に入れた。ビジネスマンのお手本ではないか?
株式市場の崩壊による第二バブル崩壊ともいうべきものが起こるとして、1990年代のバブル崩壊と異なるのは、最近ねずみ算式に?増えている個人投資家と呼ばれる人たちが直接被害を被ることだ。ところで・・・ここで最初の話に戻るのだが、株式売買で生計を立てている人って、公式な文書を書く場合、職業は何と書くのだろうね。就職している人にカウントされるのかね?

うちの最近のスパムメール事情

雪がどうとか、銀玉占いがどうとか、サルみたく泣き言ばかり言ってんじゃあねえよ。
ということで、表題の件。
最近というかこの数ヶ月、うちに届くスパムメールの種類が変わってきてます。以前は春香メールや出会い系やらが多かったのですが、このところ多いのが、いわゆるw@rezを勧める英文メール。開封せずに破棄しているので内容は分かりませんが、タイトルにofficeだのXPだのの文字がちらほらと。当方フリーメールのアカウントを三つ持っており、一つは普通に使う用、もうひとつは売買契約締結等の重要事項に使う用、最後のひとつはいわゆる捨て垢なのですが、ヤフオクamazonなどネット売買にのみ使っている重要事項用アカウントにはまったくといっていいほどスパムは来ません。捨て垢はHPスペースレンタルなどの申請に使っていますが、こちらにはすごくたくさん来ます(笑)。以前お試しで申請した関係からもいまだに来ますし、心当たりのないところからも来ます。
当方にとって気がかりなのは、普通に使う用。普通に使う用ですから普通に使っているわけですが、内輪のメーリングリストの登録なんかにも使っているんです。Yahoo!のメーリングリストに登録したことでYahoo!関係の広告メールが来るのはまあ仕方ないというか、当然といえば当然のことなんですが、それ以外のスパムメールは・・・数社のメーリングリストに登録しているこのアカウントなのですが、なんかこのメーリングリスト関係からアドレスが漏れているような気がしてなりませんのですよ。例えば、管理者でないにもかかわらず、メーリングリストの発信者のアドレスをまめにチェックしてご自分が使っているメーラーのアドレス帳に登録なさっている奇特な方がいらっしゃるとして、そいつのPCがウィルスに感染してアドレス帳の中身が流出したりだとか、プライバシーポリシーのかけらもないメーリングリストを利用したせいで登録アドレスが全部業者に売り払われてたり・・・疑えばきりはないのですが、中にはあやしいMLもありますからねぇ・・・
ちなみに、携帯には迷惑メールがまったく来ません。迷惑メール対策の進んでいる(らしい)auを利用していることもあるからかもしれませんが、そもそも携帯アドレスでwww上のサービス登録なんてしませんから。

携帯といえば、ちょい前のニュースで携帯に埋め込んだICチップで大学の授業の出席を取る、というユニークな試みをやってましたね。授業の最初と最後に専用端末に携帯を乗せるだけで出席がとられるとのこと。確かに、携帯は他の人への貸し借りなんかは絶対にしないし、ほとんどの人が持っているしで、アイデア次第ではほかにも面白いことができそうですよね。

ニュースといえば、ちょい前のニュース特集でニッポンフィールに続くオサレな韓国人の代名詞みたいな造語が出てました。残念なことに失念してしまったのですが、「最先端の」とか「流行を先取りした」みたいな英単語を組み合わせた造語だったと思います。当方はあちらさんに対して先天的な恨みを持つ人間ではありません。でもね・・・もうちょっと普通にお話しましょうよ。自分たちは偉い、自分たちが一番、そんな考えを持つ人とは楽しい対話なんてできないって。

なんか吹っ切れてくると、気分爽快、アルカイックスマイル

去年ね、車が埋まったんですよ。それも1回じゃない、2回。
あ、やべっ!と思ったときはもう遅いの。駆動輪はカチカチになった雪の表面を哀しい音を立てて空転。強引に進んだ所為でできた雪山に乗り上げてしまい、ヘルパー噛ませてもなしのつぶてですよ。ひとしきり脱出を試みた末、軽く疲労した身体を運転席に預けてふっとひとつため息をつき、タバコに火をつけ、フロントガラス越しに降り続く雪をじっと見つめ、そしてついに、自力での脱出は不可能だと諦観したあの瞬間・・・JAF呼ぶか、それともどうしようか・・・思い出しただけでも惨めな気分になります。
一度は近所の工事現場の方々に助けてもらい、もう一度は通りがかった学生さんたちに押してもらい、心からの感謝の言葉を贈ったわけであります。
埋まった地点には数日間寄り付かないようになりました。車を出すのも億劫になってしまい、春をひたすら待ちわびる冬眠中の熊のような生活を送った・・・わけではなく、ちゃんと仕事にも行ってますが。
んで、聞いたのは、この地に住んで数十年の某青年のぼやき。毎日1時間の雪かきは辛い!
はたまた偶然今日聞いた、この地に住んで30数年の某青年のぼやき。昨日車が埋まってさ、JAF呼んじゃったYO!

なんか吹っ切れた!駐車場の除雪は出庫入庫のたびにしよっと。誰のためじゃない、自分のために。それが当たり前だと思おう。

今年一年を占う?銀玉占い。今年すでに5回ほど占ってるけど、今のところトータルで大吉かなw自分にとってやらなければならない機種、それはCR魁!! 男塾。でも・・・ちょとクセのある機種で掴みどころが分からず、いまだに泣かず飛ばず。しかしのう、男塾正門前に石段なんてなかったはずだが。まあ設定がころころ変わる宮下あきら先生原作の漫画だから、それもまたいいものかも。

ここを見てると、無性に麻雀がやりたくなってきた。当方、符の計算ができません。役はほぼすべて知ってます。誰かやろー。できれば、スケスケ牌でw

他人の書いた文って・・・

いちいち書いてらんないほど不安がいっぱい。ちょっとしたことに悩み、心配し、それが杞憂に終わるとほっとすると同時に疲労感がどっと。
逃避行動じゃないけど、ハヤカワSFシリーズを読んだり、ヴェルヌやウェルズ、コナン・ドイルなんかを読んで、くだらないことに心を配る己を嘲笑したりしてみる。生きる気力が沸いてくるとかそんな大げさなものじゃないけども、ちょっとした息抜きにでも。眉間にしわを寄せて読書するバカは居ない。

・・・誰かさんの面白い日記を読んだのでちょいとばかし分析してみた。その人の日記の特徴。まず、飾らない、カッコつけない、見栄をはらない。言葉を換えれば、発想はユニークで、しかしわざとらしさがなくて自然。次に、他の誰かの言ったこと(行った行動)について、いちおう受け入れたうえで自分の意見を述べる。つまり、自分の意見を述べているのだが、相手を論破してやろうとか、そういう敵対心みたいなものがにじんでこない。そしてなにより、人間が書いているという印象を与える。どーゆーことかというと、自分の弱い部分、苦手なこと、反対に好み、特技、そういうことについて多少なりとも触れていることが多い。ああ、この人も人の子なんだなという感じ。ナルシシズムとはちょい違う。反対に、ロボットが書いたとまでは言わないけども、まるで人間味を感じない日記って、どーゆー人がどーゆー気持ちで書いてるんだろね。まあいずれにしても、人の文章を読むのは、国語スキーな自分にとっては勉強になるですよ。最後に。面白い日記というのは、読んですぐコメントしたくなる。ワタクシのコレとは大違い( ̄ー ̄)

閑話休題。まとめ。春が待ち遠しいのう。

PS 一つ前のエントリーのタイトル、今年の目標というか、日々の心構えとしたいなーと思ってふと思いついたオブジェです。そのうち忘れられればこれ幸い。真面目な人から怒られそうなので詳細はないしょ。

強制横スクロールSTG & 落ち物ゲーのPAUSE画面

今年はどんな年になるんだろう。
とりあえず、ゴト始めは3日に決定!
人に乗せられると上手くいかないことが多いが、自分から動けば何とかなることが多い。
それが、自分の力ひとつで何とかなることならね。人から与えられるきっかけは大事にしたいけど、人の所為にできるというのは、楽でもあり、面白みに欠ける面もあり。自己欺瞞でもいいから、自分の意志で動いたと思い込むように。それなら、どんな結果もスマートに受領。八つ当たりは勘弁。

出勤前に駐車場の雪かきをして、車を出して、仕事して、帰ってきて、駐車場に車を入れる前に雪かきをする・・・これぞ北国の冬Ψ(`∀´)Ψ

・・・いや、まじめな話、車通勤じゃない日もこまめに雪かきをしとかないと、いざという時に困りそう。明日は休みなので、大き目のスコップを買ってきて駐車場に常備させとこっと。コンパクトなやつを車に積んではいるけど、大量の雪かきには大きいものの方が便利だし、なにより積雪で駐車場入り口から車のところまでたどり着けなかったら元も子もないからねぇ。

最近のテレビニュースは面白くない

偽造、幼女殺害、人為的ミス・・・そんなのばっか。
くだらないというか、よくもまあ恥ずかしげもなくそーゆーことが出来るなと言いたくなるくらい。あなたたち、プロフェッショナルでしょ。気概というものはないのかい?

死亡したDATに代わる機材としてM-AUDIO MicroTrack 24/96が脳内第一候補にあがってる。物欲が沸々と・・・デスクトップもそろそろリプレース時期かなと脳内ジャッジを下してみたり。

1 80 81 82 83 84 85 86 90