ドライカレーが好き!死ぬほど食べたい!

カレーと聞いて思い出すのは、母が不在の時に「チンして食べてね」と書置きを残し嫌ってほど鍋に作り置きされた在りし日の思い出とか、キャンプに行ったらみんなで作るとか、あとで知ったが某最小人口を抱える県はカレールーの消費量が日本一だとか、そういったいわゆるルーカレーと共に育った小生のこと。キーマカレーなんておしゃれなものがこの世に存在することを知ったのは、学生時代友人たちと足しげく通ったカレー屋さんでのこと。通常のルーカレーよりちょっぴり値段が高く、そしてルーカレーにはないスパイシーさや酸味を感じ、こんなカレーがあるのかと震え戦きながら食べたと記憶する。ちょっと値段が高いから、毎回キーマカレーにするわけにはいかず、食べたいのに食べられないというもどかしさとともによみがえる思い出、キーマカレー。

転じて最近。職場にお弁当屋さんが来るのだが、週に何度かドライカレーを持ってくる。素朴な味で大好きなのだが普段は弁当を自作して持っていっているため食べたい時に食べられない。周りで何人かが嬉々としてドライカレーを食べているのを見、久々に沸いてきた小生のドライカレー熱!弁当に入っている程度じゃ足りない!死ぬほど食べたい!

したら作るか!!

ちなみにキーマカレーとはインド料理で、「キーマ」とは「ひき肉」のこと。ドライカレーはルーカレーやループカレーといった「ウェット」なカレーに対しての用語だと思うので、インド風の素材やスパイス調合になったドライカレーをキーマカレーと称する、ということでよいと思う。たぶん。

キーマカレー – Wikipedia

今回参考にしたレシピはこちら。

完熟トマトソースで♪ごちそうドライカレー by あさえもん [クックパッド]

IMG_1283

小生オリジナルアレンジとして、トマトは缶詰のカットトマトを使い、カレー粉ではなくスープカレーの素(ペースト状)を使った。隠し味としてトマトケチャップととんかつソースも加えた。ソースってのは旨みの素ですから。そしてトマトの酸味と、普通のカレールーにはないスープカレー特有のスパイシーさとが絶妙なマッチング!

IMG_1285

半熟卵を添えて完成!フライパンいっぱいに作ってあるから胸やけがするほど食べられる!カレーに失敗無しとはよく言ったものだ!

おまけ。ひじきの煮付けも作った。

IMG_1296

入っている具材は、ひじき、にんじん、鳥皮、ごぼう。鳥皮は鶏ハムを作る時に胸肉からはいだもので、肉の旨みと同時に油も出るので、これを使えば油をひく必要がありません。ごぼうは、ごぼう茶の出がらしも入れています。出がらしてはいえもとはごぼうですから食べられます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -