GODOX Xpro-sで、α7IIIでもハイスピードシンクロ撮影が可能に!

マニュアル専用の激安ストロボをフラッシュトリガーで遠隔制御するぞ!GODOX TT600 & Xpro! – HERMITCRAB

SONY α7IIIにCANONのストロボは使えるか!?マニュアル調光ならバッチリ使えるぞ! – HERMITCRAB

EOS 5D3や6D用に購入したGODOX Xpro-c(キヤノン用)はいちおうα7IIIにも取り付けられ、同じくGODOXのTT600という激安スロトボをマニュアル調光し問題なくオフストロボ撮影ができているのですが・・・やはり痛いのが、α7IIIではHSS(ハイスピードシンクロ)撮影できないこと。

HSS撮影ができると表現の幅が格段に広がるので、5D3や6Dだけではなくα7IIIでもHSSしたい!!ということで、α7III用(というかSONY用)のフラッシュトリガー、GODOX Xpro-sを購入しました。

すでに所有しているXpro-cと基本的にパッケージ等は同じなので、開封の儀は省略しいきなりα7IIIに取り付けました。

電池ボックス内に技適表示があります。

シンクロ接点はこのように華奢です。

運搬時はシンクロ接点にカバー(付属)をしないと不安ですが・・・いちいちカバーをしないと運用できないのはいかがなものでしょうか??他社のようにもうちょっと堅牢な仕様にしてもらえると助かるのですが。

閑話休題。HSS撮影ができるとどのような表現が可能になるかというと、まず挙げられるのはいわゆる「日中シンクロ」というものです。
晴天の屋外で被写体と背景を一緒にフレームに収めようとすると、どうしても背景が明るく、被写体が暗くなってしまいます。野外でスマホ撮影しようとすると、どうしても顔が暗くなったり、背景が白飛びしたりしてしまいますよね。
で、被写体と背景の明るさ(露出)を合わせるということをするわけですが、被写体と背景を同時に考えると頭がこんがらがりますので、まずは背景について考えます。
減光フィルターなどを使わずカメラの設定だけで背景を適正露出にするためには、ある一定以下のシャッター速度、絞り値、ISO感度にすることになります。
露出トライアングルの考え方ですが、①絞り開放で撮影したい場合は、上がりすぎた露出を抑えるためにシャッタースピードをかなり上げたり(例えば1/4000秒など)、②逆にシャッタースピードをあまり上げたくない場合(例えば1/125秒で撮影したい場合)は、露出が高くなるので絞って(例えばF8.0など)撮影することになります。
一方で背景に露出を合わせた場合は、被写体はどうしても暗くなってしまいます。そこでストロボの登場です。ストロボを発光させることで、背景に比べて暗くなってしまう被写体に光を当て、背景と露出を合わせようというわけです。

②の場合、つまりシャッタースピードが1/200秒以下の場合は、問題なくストロボを発光させることができます。

こういう感じね。逆光環境なので自転車はどうしても暗くなってしまう状況ですが、コンデジのストロボを当てるだけで、被写体をこれくらいに明るくすることができます。

しかし①の場合は、ストロボが正常に発光しません。理屈は省きますが、一般的な一眼レフで撮影する場合、フォーカルプレーンシャッターの構造上、ストロボの同調速度は最大でも1/200秒程度に制限されるからです。

この制限を解除し、同調速度以上のシャッタースピードでの撮影を可能にするのがHSSなのです。これまた原理は省きますが、①のように絞り開放で被写体を撮影したい場合(例えばポートレート撮影のように、背景をめっちゃぼかして被写体を浮かび上がらせたい場合など)、シャッタースピードが1/8000秒になってもストロボ撮影ができるようになります。つまり、ストロボ発光をさせることで起きてしまう絞り値やシャッタースピードの制限を無くすことができるわけです。

さてここからが本題です。日中シンクロに比べて語られることが少ないですが、この応用で、日中でも背景を暗くし、被写体を明るく浮かび上がらせる撮影ができます。何という撮影方法なのか名前は知りませんが、小生は日中シンクロより、むしろこちらに興味がありました。


1/80s, f/2.8, ISO 1,250

こちらの写真は、ストロボ無しで環境光のみで撮影したものです。被写体はもちろんですが、背景もそれなりに明るいですね。

では背景を真っ暗にするために、シャッタースピードを上げてみましょう。


1/1250s, f/2.8, ISO 800

シャッタースピードを、被写体が見えるか見えないかくらいまで上げてみました。F値は同じで、ISOは2/3段下げました。背景がほぼ真っ暗になりましたね。

ではこれにストロボを当ててみましょう。


1/500s, f/10, ISO 800(わかりやすい作例にするためにシャッタースピードと絞り値を調整しました)

なんと!フレームの下1/4ほどしかストロボの光が届いていません。またまた原理は省きますが、ストロボ同調速度以上のシャッタースピードで撮影したときは、このようにフレームの一部にしかストロボ光が当たらないのです。

ここで、Xpro-sをHSSモードにしてみましょう。TT-600もそれに連動してHSSモードになります。


1/2500s, f/10, ISO 800

こうなりました。1/2500秒という高速シャッタースピードですが、ストロボ光がしっかりと当たっています。


1/2500s, f/10, ISO 800

上の写真ではストロボ光が背景にも当たり、背景が明るくなってしまっているので、ストロボと背景の間に板を入れて遮光してみました。どうでしょう、日中で自然光がある環境での撮影にもかかわらず、黒い背景(本当は白いスポンジ板が背景ですが)に被写体がくっきりと浮かび上がり、とてもドラマチックな写真になりました。

α7IIIでHSS撮影する場合、設定によっては写真に横縞が出てしまう場合があります。横縞が出てしまっては話にならないので、横縞発生を解消する方法などを後日記事にします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -