長万部駅の夜と昼をファインダー越しに見つめました。

仕事の関係で長万部に逗留することになりました。長万部駅は函館本線(函館-長万部-倶知安-小樽-札幌)と室蘭本線(長万部-東室蘭-苫小牧-岩見沢)の分岐駅で、北海道新幹線の長万部駅も建設される予定となっている、北海道の鉄路の要所です。
小生は長万部温泉に宿泊しました。長万部温泉街は駅の北にあり、線路で中心街と分断されています。長万部温泉街と長万部中心部を行き来するのが、駅から400mほど北の位置に作られている跨線橋です。googleマップの航空写真モードで見ることもできます。

DSC04037

階段を登っていくと・・・

DSC04013

人がようやくすれ違えるくらいの橋です。

DSC04012

橋からは長万部駅が一望できます。

DSC04039

碍子がいっぱい付いた電柱。フォトジェニックですね。

DSC04036

長万部駅の夜。

朝になったので、もう一度長万部駅周辺をそぞろ歩きました。

DSC04070

跨線橋はこんな見た目でした。右端に鉄板が敷いてありますが、自転車などで跨線橋を通過するためのものでしょうね。

DSC04080

通路はやはり狭い!そして、歩くと揺れます(笑)

DSC04071

倶知安方面から汽車がやってきました。

DSC04075

長万部駅へと入っていきます。

DSC04078

昨晩見た、碍子たっぷりの柱はこんな感じ。

長万部駅の北側(2つ上の写真の右側)には空き地が広がっていますが、ここが北海道新幹線の長万部駅になるそうです。その頃には長万部駅付近の風景も変わっているのでしょうね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -