長野市の長田神社に参拝してきた。羽生結弦選手も参拝されたとのことです。

長田神社(長野市若穂川田1047-2)- おみやさんcom

長田神社と書いて「ながたじんじゃ」と読みます。長野市内中心部から南東へ、犀川・千曲川を渡った先にあります。

参道入口。本殿まで500mくらいの参道が続きます。googleマップを航空写真モードにすると、長く続く参道がよく分かります。

由来が書かれています。1089年の建立とのことで・・・

鳥居の脇には900年記念碑がありました。

ケヤキ並木が続く参道。

猫もそぞろ歩く、いい散歩道です。

参道には小さな祠がいくつも立ち並びます。

この参道、なんと川を渡って続きます。

保科(ほしな)川の両岸には花がいっぱい。

神社の建物が見えてきました。

拝殿の直前まで来ました。長田神社には神主さんは常駐していないようです。このあたりに数台止められる駐車場があります。googleマップなどで案内されるとここに着くため、実は小生もまずはここに到着してしまいました。ここまで書いてきた参道は、参拝後にあらためて歩いたものです。

大きな拝殿が見えました。

拝殿には・・・

羽生結弦選手が母君と参拝されたときの写真が飾られています。

拝殿の向こうに階段があります。

階段を登ったところにある建物も拝殿に見えますが、手前に拝殿がありましたし奥に本殿があるので、幣殿というのでよいのでしょうか。ここに賽銭箱がおいてあり、参拝をすることができます。また記帳もできるようになっており、神社の由来を書いたパンフレットもありました。

神社建築 – Wikipedia

近くには羽生選手のサインと写真が飾られていました。

写真の左側が本殿です。

長田神社のとなりには長田稲荷社がありました。

鳥居の先にある階段には・・・

羽生選手が奉納したのぼり旗が2つありました。

稲荷神社の脇にはこんな看板がありました。この先はほぼ山道なんですけど・・・

その先にはこんな看板が。せっかくなのでお参りに行きたかったのですが、道が分かりづらいうえに雨上がりで足元も滑りやすく、ほとんど登山に近い感じだったので途中まで挑戦したものの引き返すことにしました。

神主さん不在の小さな神社ですが、参道の長さや今でもきれいに手入れされているところをみると、地域でかなり大切にされている神社だということが容易に想像できます。900年以上続く神社として、今後も末永く続いて行くことを願っています。

ところで、長田神社と戸隠神社、そして善光寺は、ほぼ一直線に並んでいることをご存知でしたか?小生はもちろん知りませんでしたが、パワースポットとして有名な戸隠神社、900年以上の歴史を持つ長田神社、そして善光寺。長野市を代表する神社仏閣が北西から南東にかけて並んでいるのは、なんらかの縁を感じますね。戸隠神社にもそのうち訪れてみたいものです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -