プレスポのフロントダブル化を具体的に検討しています。

プレスポはフロント3速(トリプル)、リア8速ですが、フロントのインナーチェーンリング(一番小さいチェーンリング)は全く使っていません。要らないものは取ってしまえばいいのですが、トリプルのインナーチェーンリングをただ取るだけより、ダブル(2速)にした方がチェーンラインの関係でもベターです。フロントをダブルにすると、シフターやディレーラーもダブル用に交換する必要があります。またリアは8速のまま運用したいので、フロントは8速用のチェーンリングにする必要があります。あとは見た目の問題から、最近トレンドの4アームクランクやゴツいMTB用のクランクではなく、昔ながらの5アームクランクで、できれば真っ黒ではなく金属の色のクランクでクラシックなバイクにしたいところです。メーカーはできればシマノで揃えたいところですね。グレードは問いませんし、中古でも構わないので費用も抑えたいところですが、基本的に屋外保管なので錆びない素材のパーツをチョイスしたいです。特殊な規格のパーツは避けたいですね。

これらの条件から、まず一番見た目に影響するクランク周りから選びましょう。5アームでロード用のクランクですが、予算の都合でTiagra以下から選びます。ただ最新のClarisは4アームになってしまいましたし、旧式は5アームですがBBがオクタリンクなので却下。Tourneyは現行モデルも5アームで見た目は好みですが、クランクもチェーンリングも真っ黒くろすけなので却下(笑)Tiagra、Soraは旧式が5アームなのでOK。でも2ピースクランクなのでBBをホローテックIIに交換します。プレスポはBBシェル幅が68mmなのでロード用JIS規格のホローテックIIがそのまま使えます。もうひとつ、Soraはリア9速、Tiagraはリア10速なので、リア8速のまま運用しようとするとチェーンに互換性がなくトラブルのもとです。というのは、8速、9速、10速と段数が増えるにつれ、スプロケは薄くなっていくので、それに従いチェーンのプレート幅も薄くなり、フロントのチェーンリングも薄くなるのです。10速用に薄くなったチェーンリングに8速用の厚いチェーンを通すと、変速不良やチェーン飛びなどトラブルが起こります。ですので、フロントとリアは対応している必要があるのです。リアを8速のまま運用するならば、フロントのチェーンリングを8速対応のものに交換するべきです。クランクの規格にはBBやクランク長のほかPSDというものがありますので、PSDの合ったチェーンリングと交換すればよさそう。

ディレーラーとシフターはフラットバーロード用のものと交換します。

例えばこの2つはClarisの最新バージョンR2000番台ですから、この2つを組み合わせれば問題なく動くはずです。最新ですから新品が普通に流通してますからこれを購入してしまうのもひとつの手ですね。あとフロントディレーラーはバンドタイプと直付けタイプがあり、バンドタイプはシートステー径に合わせて3タイプあります。プレスポはφ31.8mmですからこの径のものを選べばOK。ピネロロもφ31.8mmですから、ハイグレードなものを購入してピネロロに取り付け、プレスポはピネロロのお下がりをもらうという手もあります。プレスポはシフト・ブレーキ一体型ですから、シフトのみを交換する場合は別途ブレーキレバーも購入しなければ。またロード用のシフトになりますからシフトのインナーケーブルも交換になります。

リアは8速で、リアディレーラーも交換しませんので、リアのシフターも現状のままとします。

こんな感じで、去年くらいからぼんやりと考えていたフロントダブル化ですがなんとなく方向が見えてきましたので、amazon(=新品)やヤフオク(=中古)をにらみつつパーツを選んでいます。一気に新品を買ってスッキリしたい気持ちもありますけど・・・でもそれでは面白くないですから!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -