浴室のシャワーヘッドを交換しました!意外なほど簡単にラグジュアリー感のあるシャワーになったよ!

今まで特に意識したことがなかった浴室のシャワーヘッド。何となくアマゾンを見ているとシャワーヘッドがタイムセールになっていたので急に興味がわきました。というか、シャワーヘッドって簡単に取り替えられるのね。

Amazon.co.jp: シャワーヘッド – シャワーヘッド / バス用品: キッチンストア

アマゾンを見てみると、多くの製品に国際汎用基準G1/2という記述が見られます。

こんな風にね。つまり、シャワーヘッドをシャワーホースに取り付けるネジの規格がG1/2というわけですね。G1/2規格の安価なシャワーヘッドがたくさんヒットしますので、この規格のシャワーヘッドをできれば購入したいところです。うちのシャワーホースの規格がG1/2なら、ポン付けで取り替えられそうですね。

シャワーヘッド交換方法 | 田中金属グループ(旧:株式会社田中金属製作所) OFFICIAL SITE

ところがそうは問屋がおろしません。G1/2以外にもいろいろな規格があるようです。どの規格か見分けるには、今付いているシャワーヘッドを見れば良いとのこと。なるほど・・・

これまた今まで全く意識したことがありませんでしたが、シャワーヘッドの根本にKVKの刻印があります。KVKとG1/2は規格が異なりますから、KVKのホースにG1/2のシャワーヘッドを取り付けるには、間にアダプタを噛ませなければなりません。国内メーカーのシャワーヘッドにはプラスチック製のアダプタが数種類付属していますが、安価な外国製にはそういったものは付属していません。つまり、シャワーヘッドとアダプタを別々に購入する必要があります。

アマゾンで購入しました。シャワーヘッドとKVK-G1/2アダプタです。

シャワーヘッドはよくある3段階切り替えや手元止水スイッチがあるもの。メッキ処理してあるので高級感がありますが、中身はプラスチックですので持った感じは安っぽいです。その分軽くて持ちやすそうですが。
なおこの商品にはシールテープが付属していました。別途購入するのは面倒だったのであえて付属したものを選んだ次第です。

購入したアダプタはこちら。

アダプタは金属製でずしりとした重さがあります。ネジ切り精度も高そう。プラスチック製のアダプタは経年で割れてくるそうですので、少し高かったですがあえて金属製を選びました。パッキンは付属していませんがシャワーヘッドに付属していましたので問題なし!

ネジ部分にシールテープを何重にも巻き、指で押さえてなじませておきます。シールテープは非常に薄く、力をかけると細かく裂けるテープで、これがあるとネジの隙間からの漏水を防いでくれますので、できれば巻いておきましょう。

シャワーホースからシャワーヘッドを、ネジをゆるめるようにゆっくりと取り外して・・・

アダプタとシャワーヘッドをゆっくり確実にねじ込みます。止水テープのおかげで抵抗がありますが、じわりじわりとねじ込んでいけばピッタリと密着します。

10分程度で作業終了!何の変哲もないシャワーが突然ラグジュアリーな雰囲気になりました!

シャワーの効果は・・・まだ試していないのでわかりませんが、漏水などはなく問題なく使えそうです。とても簡単な作業なので、シャワーヘッドが古くてあちこちから水漏れしている諸兄や、バスルームをフォトジェニックにアップグレードしたい諸兄は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

古いシャワーヘッドは捨ててしまっても良いですが、借家の方は退去の際に原状復帰しなければなりませんので、なくさないように保管しておきましょう。

シャワーヘッドは本当にたくさんあります。基本的な性能はそんなに変わらないので、デザインなんかで選んでしまうのもよいでしょう。ホースが傷んでいる方は、この際ホースごと交換してしまうのが良いですね。
アダプタもこの製品はいろいろな規格に対応したものが発売されています。ご家庭のホースをよく確認して選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -