canon G11が調子悪い

実は、少し前から調子が悪かったのです、小生のcanon G11。写真を撮っていると、突然白っぽい写真しか撮れなくなったり。あれ、おかしいな、と思ったら、次の写真はうまく撮れたりして、いまいち再現性がない。被写体の何かが作用して、シャッタースピードが異常に遅くなった?それとも、露出が異常に高くなったりとか?原因はよく分からないのだけど、そういう写真が撮れてしまう。でも、すぐに元に戻る。だから、故障とは思わなかったのです。

そして先日、30分くらい電源を入れっぱなしで、ちょっとまじめな写真を撮っていたのです。すると、例の現象が。何をどう操作しても、設定をいじったりしても、例の全体に白飛びしたような写真しか撮れなくなったのです。でもいつものように元に戻らない。そしてそのうち、デジカメの画面(液晶モニタ)が真っ黒になり、何も映らなくなった。シャッターボタンを半押ししても、デジカメは被写体を認識できず、オートではピントもシャッタースピードも決定できない状態。そのままシャッターボタンを押してももちろん真っ黒な写真にしかならない。

どうしてだろう・・・

そのうち、白っぽい写真しか取れないときは、シャッターが開閉するときの「カチッ」というメカ音がしないことに気づいた。もしかして、シャッターが開きっぱなしになっているために露出オーバーで白くなっている?確かに、レンズを除きながらシャッターボタンを押しても、シャッターが開いたままになっている。逆に、画面が真っ黒なときは、シャッターが閉じたままで何をやっても開かない。つまり、シャッターがおかしくなってしまっているっぽいです。

シャッター以外の部分はおかしくないということを検証するために、シャッターが閉じず露出オーバーの写真ばかり取れてしまう状態のときに「動画」を撮影してみました。動画のときは常にシャッターが開いているので、シャッターが閉じてくれない症状のときでも一応撮影できるはず・・・南無三!そのとおりで、動画は普通に撮れました。つまり、シャッター以外の部分、特にセンサーなどは一応正常と思われます。

そうこうしているうちに、撮影状態にしても画面が常に真っ黒になってしまいました。レンズの奥を覗いてみると・・・南無三!やはり、シャッターが閉じっぱなしになっています。

さて、小生にはデジカメが必要なので、修理に出すか、買い換えるかして、正常に動作するデジカメを得る必要があります。キヤノンのこのクラスのデジカメは、修理に出すと一律1万円くらい取られます。でまあ、G11よりあらゆる点で進化している、現行機種のG16を買ってしまおう、と、思った次第でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -