Zenfone2(ZE551ML)カスタムROM導入に再挑戦!LineageOS14.1の導入に成功しました!

Zenfone2(ZE551ML)の文鎮からの復旧を経験しましたのでもう怖いものはない!ということで、やっぱりLineageOSを入れたいと思い、再び情報を集めました。

以前調べたときにわかっていたのですが、Zenfone2用LineageOSのROMが一時期LineageOSの公式サイトで配布されていて、それを使った導入事例がいくつか紹介されていたのです。ただそのサイトからリンクされている公式サイトでは、なぜかROMの配布が終了しているのですよね。

LineageOS Downloads

公式サイトで配布していないものはしょうがない、と諦めていたのですが、今回はインターネットアーカイブという手段を使ってみることにしました。

Internet Archive: Wayback Machine

インターネットアーカイブ – Wikipedia

要するに、ウェブ上のデータを自動で定期的に収集し、サイトやデータの過去のバージョンを参照できるサービスです。何らかの事情ですでに消されてしまったページなども過去のデータから参照できるので、ディープに調べ物をする際には役に立ちます。

こちらを駆使して情報収集を続けると・・・お役立ちサイトがヒットしました!

Zenfone2(ZE551ML)にAndroid7.1.2ベースのカスタムROM 『LineageOS14.1』を導入する方法 – 機械仕掛けのキュリオシティ

ドンピシャの記事がヒットしました。といいますか、このサイト自体は現在も生きているのですが、この記事のみ何故か削除されてしまっているのです。削除されたものを掘り起こすことが是か非か・・・わかりませんが、小生にとっては非常に役に立った情報ですので、許される限り共有したいと思います。

閑話休題。上記サイトを教科書にZenfone2へのLineageOS導入作業を進めます。

1.必要データの準備
・ROM
これがないことには始まりません。ただ前述のとおりLineageOS公式でのZenfone2用ROM配布はすでに終了しています。ここで登場するのが、またもやインターネットアーカイブ!

https://web.archive.org/web/20180125105719/https://download.lineageos.org/Z00A

ありました!データもクロールされているようです。小生は最新版(最終版というべきか?)のlineage-14.1-20180120-nightly-Z00A-signed.zipをダウンロードしました。

・gapps
Googleのシステムアプリをインストールするのに必要なファイルです。これは当然公式サイトが生きていて、各バージョンの配布が続いています。

The Open GApps Project

端末のsocやAndroidバージョンによってファイルが異なります。Zenfone2のsocはintel製ですのでPlatformはx86となります。そして今回のLineageOSは14.1、すなわちAndroid7.1ですのでAndroidは7.1を選択。Variantは平たくいえば全部入りか最小限か、ですので、最小限のpicoを選びました。

・MM Bootloader, Ifwi, bom_token Updater
参考サイトによると、

「MM Bootloader, Ifwi, bom_token Updater」はカスタムリカバリーのTWRP(Team Win Recovery Project)とAndroid7.0以上をベースにしたカスタムROMをZenfone2で起動させるのに必要な「MM Bootloader(Android6.0以上に対応しているブートローダー)と非純正のファームウェア(LineageOS 14.1)を導入するために必要な「TWRP(Team Win Recovery Project)3.0.2-M1」を自動的に導入してくれるツールです。

とのことです。うーむ、よくわかりませんが、Android7.0以上をインストールするにはブートローダーから入れ替えなければならないということですね。このあたりは自動化されたものをありがたく使うことにしましょう。

MM Bootloader, Ifwi, bom_token Updater

こちらから、M_BL_upgrade_for_zf2_551ml_6.0.zipをダウンロードします。(ファイル名のあたまにMがひとつ足りない気がしますが気にしない!)

LineageOSのROMとgappsはダウンロードしたものを端末にコピーしておきます。MM Bootloader~はダウンロードし、PCの任意の場所にzipを解凍しておきます。

2.端末の準備
前回の記事のとおり、小生のZenfone2はグローバルバージョン、公式ROMでAndroid6.0です。次の作業はMM Bootloader等のインストールなのですが(詳細は後述)、インストールに失敗してしまいました。もしやブートローダーのアンロックが必要と思い、公式のapkをダウンロードしようとすると・・・

ZenFone 2 (ZE551ML) Driver & Tools | Phones | ASUS USA

Version V1.0 2015/10/13 734.6 KBytes
Unlock Device App: Unlock boot loader
Notice:1. Update your software image to V2.20.40.139 or latest version

とのことで、端末のファームウェアが2.20.40.139以上の場合に導入できるということ。これはAndroid5.0のバージョンナンバーですので、6.0にしてしまった小生のZenfone2を5.0にダウングレードしなければなりません。とほほ・・・

公式ROM一覧をよく見てみると・・・

Version WW-52.20.40.196 2016/09/20 1.16 GBytes
ASUS ZenFone2 (ZE551ML) software Image: V52.20.40.196 for WW SKU only*
This is downgrade firmware from Andriod M to Andriod L .
Please ensure backup data before downgrade.
Downgrade to V52.20.40.196 (Andriod L)

ありました!6.0から5.0にダウングレードするROMです!

さっそくダウンロードしてZenfone2にコピーし、適用しました。

無事Android5.0(2.20.40.196)になりました!

公式からUnlockApp_ze551ml_20150723.apkをダウンロードして端末にコピーし、提供元不明アプリのインストールを許可してapkをインストール!起動画面が白黒反転し無事ブートローダーをアンロックできました。

3.MM Bootloader, Ifwi, bom_token Updaterの導入
電源ボタン+ボリュームupでブートローダー(ドロイド君解体画面)を起動します。
パソコンとZenfone2をUSBケーブルで接続し、解凍したフォルダ内のupgrade.batを実行。端末がいちど再起動して再度recoveryモードに入って、PCのコマンドプロンプトに、続行するにはキーを押してください...と表示されたら、適当にキーを押して終了。

4.TWRPを起動させる
Zenfone2を再起動させrecoveryモードブートローダーに入ります。

起動時にこの警告画面が出たらおそらく成功!出なければMM Bootloader, Ifwi, bom_token Updaterの導入をやり直しましょう。

ブートローダーに入ったら音量ボタンでrecovery modeを選び電源ボタンで決定。

TWRP 3.0.3-M3-Z00Aが起動しました!!このバージョンのTWRPがLineageOSなど非純正ROMをインストールできるそうです。

5.LineageOSとgappsをインストールする
参考サイトの手順どおりに、wipeしたのちにLineageOSとgappsをインストール。
TWRPアプリは、特に何の役に立つのかわからないのでインストールは回避しました。

TWRPを操作し端末を再起動。そして・・・

来ました!LineageOSのブート画面です!

かなり待たされましたし、いちどなぜか再起動しましたが、無事に起動しました!

Zenfone2にLineageOS14.1が入りました!ASUS公式では未対応の、Android7.1です!

なんだか長い道のりで、記事もたくさん書いてしまいましたが、Zenfone2にカスタムロムを入れたくて始めたこの旅は、ここに来てようやくゴールです。SIMを入れてLTE電波受信を確認。電話の発着信も可能でした。Google関係のアプリも入れられましたので、動作は問題ありません。サブ機として問題なく運用できそうです。よかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -