モバイルバッテリーをデコるよ!

モバイルバッテリーはカラーバリエーションがあったりして、スタンダードなカラーに比べカラバリの方が若干高かったりします。先日購入したRAVPowerも同様で、スタンダードカラーのホワイトに比べ、カラバリ扱いになっていると思われるピンク、ブラックは数百円高い値段設定になっています。数百円追い銭してカラバリを買うくらいなら、ホワイトをデコってしまえ!というのが今回の企画です。

デコレーション方法その1:ラインストーンやスワロフスキーでデコる!

コラム:ラジオスレーブをデコる! | ストロボ撮影|撮影テクニック|UNPLUGGED-STUDIO

写真のことをいろいろと勉強させてもらったUnpluggedStudioさんがすでにされていました。こういうことです。でもずくなしの小生には難しそう・・

デコレーション方法その2:カスタムシールでデコる!

cheero × USAMURA AYANO | cheero Energy Plus mini 4400mAh カスタム素材 無料配布 – TO2KAKU|兎村彩野 + 八木原豊

ネットある画像をダウンロードして、透明シールに印刷して貼り付ければ、いろんなバッテリーができそう。工夫次第でメーカーのノベルティグッズっぽいものもできるかも。耐水タイプのシートなら水回りにも使えますね。

様々なロゴをAIやEPS形式でダウンロードできる「Logo EPS」 | NxWorld
企業ロゴ | 【無料配布】イラレ/イラストレーター/ベクトル パスデータ保管庫【ai・eps ベクター素材】

ほかに、銃痕や傷などの画像を貼り付ければ、びっくりするようなバッテリーが作れそうですね。

デコレーション方法その3:マスキングテープでデコる!

手軽にできるデコレーションなので小生もできるかも!ということで、やってみました。

むすび丸とどうでしょうのマステを正面に、mtのマステを側面に貼ってみました。多少とっ散らかった感じは否めませんが、個性的なバッテリーになったことは確かです。

100均で買ったマステを前面に貼ってみました。一見すると何だかわかりませんね(笑)ちなみにバッテリー残量を示すLEDはマステ越しでも光って見えます。

調子に乗って、これまた100均で買ったリフォームシートを全面に貼ってみました。屋外にあったら木の欠片と間違って火にくべられてしまいそう。リチウムイオン電池を火にかけると大惨事になりますので、紛らわしいことは止めておきましょう。
そうそう、USBケーブル差込口の処理は、まずは気にせずマステなりで覆ってしまい、覆った部分を指で強く押して差込穴の形を確認し、カッターで切り抜きます。やってみれば簡単ですよ。

というわけで、マスキングテープを使ったステッカーチューンは手軽で面白いし、柄に飽きたらすぐに剥がせるしで、とても楽しいです。モバイルバッテリーはやはりシンプルな白をおすすめします!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -