モバイルバッテリーの容量についていろいろ調べたら、知らなかったことがたくさんあったよ!

モバイルバッテリーを選ぶ際に重要なポイントの1つがバッテリーの容量でしょう。小生がつい先日購入したRAVPowerは6,700mAh、昔から持っていたANKERは13,000mAhです。一方、スマホにも電池容量の表記がありますよね。例えばiPhoneXは2,716mAhです。6,700÷2,716≒2.5ということで、RAVPowerを持っていればiPhoneXを2.5回フル充電できると思いがちですが・・・そうではないんですよね(笑)

いろんな数字が”mAh”という共通の単位で表記されているので、なんとなく同じ基準で比較してしまいそうになります。いうなれば、クルマに補給するガソリンのように、RAVPowerという6,700mlのガソリンタンクから、タンク容量2,700mlのiPhoneX何台に給油できるか、みたいにね。でもこれは、電圧を共通化して比較していないため、誤りなのです。

モバイルバッテリーの容量、この場合の6,700mAhという数字は、モバイルバッテリー内に収められているリチウムイオン電池セルの公称電圧3.7Vで1時間に出力できる放電容量を指します。

公称電圧とは?作動電圧との関係性

あれ?モバイルバッテリーの出力って5Vですよね?5VというのはUSB規格なわけですが、公称電圧3.7V、放電容量6,700mAhのモバイルバッテリーを5Vで出力すると、放電容量は4,958mAhになります。あれ!?パッケージには6,700mAhって書いてあったのに、めっちゃ減ってるやんけ!

実は、バッテリーに表記されている6,700mAhという数字は、内部に格納されているリチウムイオンセル(3.7V)の定格容量であって、充電性能(5V)としての定格容量ではないのです。なんということでしょう!

ここでキーになるのは、Wh(ワットアワー)という単位。Whは電力量で、これがいわゆる”容量”として我々一般消費者が理解できる数値です。V(電圧)×A(電流)=W(電力)ということを遠い昔に習った気がしますが、RAVPowerのスペックから、3.7V×6.7Ah(6,700mAh)=24.79Whという電力量が導き出されます。この数字は取説にも記載されていますが、この数字を比較してこそいわゆるバッテリー容量や充電性能について議論できるわけです。

さてRAVPowerの電力量がわかったところで、iPhoneXの電池容量と比較してみましょう。24.79Wh÷5V÷2.716Ah=1.83とでました。つまりiPhoneXを1回と8割くらい充電できる…と思いきや、まだ罠は待ち構えています。通常は3.7Vで出力するリチウムイオンバッテリーを5Vで働かせるのですから、電圧を上げなければならず、昇圧回路を通すことでここでもロスがあります。ほか、充電ケーブル、スマホなど、ロスの要因はいろいろあり、カタログどおりに行くことはありません。

このように、バッテリーの容量はなかなか一筋縄で理解できるものではありません。結局のところ、モバイルバッテリーに書いてあるmAhいっぱいいっぱいにスマホを充電できるわけではなく、3.7V÷5.0V=0.74に加え各種ロスを考えて書いてあるmAhの65%くらいの容量を充電に使える、と考えたほうが良さそうです。バッテリー販売業者側もmAh表示をやめてWh表記に統一するとか、小生のような情弱消費者の誤解を招かないような広告戦略を考えていただけないものでしょうか。

ところで、スマホに搭載されているリチウムポリマー電池はリチウムイオン電池の一種ですので公称電圧は3.7Vですから、リチウムイオンバッテリーをスマホに直結、または3.7Vで送電することができれば、表記どおりの電力量を給電できるのでしょうか?マジで教えて詳しい人!

参考にしたサイト:
モバイルバッテリーの容量「mAh」ってなに? – 瀧(TAKI,Yasushi)/紅呪(kohju)のBlog
知っておくべきモバイルバッテリーの12の法則 – 瀧(TAKI,Yasushi)/紅呪(kohju)のBlog

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -