超コンパクトなLEDライト、Ulanzi L1 versatile mini led lightの性能をチェックしてみた。

まずは充電性能。公式サイトによると、

Battery Type: Lithium-polymer battery(3.7V 1000mAh)

とのことですが、充電時間などは記載されていないので、充電残量がほぼゼロの状態にして充電してみました。

充電開始より22分52秒経ったところです。5.2V0.37Aで充電となっています。充電器は最大9V2Aで給電できるタイプでテストしています。

2時間30分で満充電となりました。充電容量はスペック値より低い約850mAhのようです。

続いていちばん大事な光の当たり具合をチェック。

中央は明るく、周囲部にいくほどなめらかに減衰しています。当たり前じゃないか!と思う方もいるかも知れませんが・・・

いわゆる懐中電灯タイプだと、照明の境界線がくっきりとしています。つまり、光が当たっているところと当たっていないところにくっきりとした境界ができてしまうということです。撮影用の照明としては使いづらいです。

ちなみにこちらは204個のLEDで照らすタイプ。SonyのNPバッテリーまたは単3電池6本が電源ですので、光量は段違いに強いですね。その分大きいですが。

Ulanzi L1 versatile mini led lightは光量はそれなりですが非常にコンパクトなので、日常的に持ち歩いてもじゃまになりません。スマホで物撮り程度なら充分な照明を当てることができるので重宝しています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -