ママチャリのダイナモライトを点けるとペダルが重くなるよね!ペダルが軽いままでライトを点灯させたい!

ダイナモライトはおなじみ、フロントタイヤの側面に密着させて発電するライトです。安めのママチャリにも標準装備されているので、大抵の人が使ったことがあるでしょう。ママチャリに常に付いているのでいつでもライトを点灯させられるのが最大のメリットですが、抵抗になるのでペダルは重くなりますし、整備不良だとタイヤにダイナモが密着せず点灯しなかったり、可動部が固着したりとトラブルが多いのが欠点です。だから、せっかくママチャリに標準装備されているのに無灯火の人が多くなってしまうのですね。

夜間走行時はライトを必ず点けたいけど、ダイナモライトは重くなるからヤダ、ではどうする?ということで、代案をいくつか考えてみました。

1.フロントホイールをハブダイナモ化する
小生がチャレンジしてみたかったのはこれ!ハブダイナモとスポークを購入し、リムは流用してホイール組みし、ハブダイナモ用ライトを取り付ければOK、組んでしまえば電池交換やスイッチon/offの手間いらず!高級ママチャリにはハブダイナモ付いてるし♪ということで調べてみました。

リムの流用、スポークやライトの発注はできるとして、問題はハブダイナモ。今回ライト周りを改善したいママチャリのリムは20インチで36ホールで、ハブはフロントホイールにナット締めなので、それにマッチするハブダイナモをシマノで探してみると・・・現行品にはたぶん存在しないんですよね。nexusシリーズにナット仕様のハブダイナモがあるのですが、20インチに対応するものは28ホールなので、20インチでハブダイナモにしようとするとリムも交換しなければなりません。リム交換となると高くつく可能性がありますし、そこまでお金をかけるならハブダイナモがすでに組み込まれた20インチのホイールがヤフオクなどで販売されていますから、ヤフオクで購入することでいいだろう・・・ということで、せっかくホイール組する気でいたのに気持ちが萎えたのでハブダイナモ化は断念しました。

今後リムごとホイールを交換するような事があった際に、再度ハブダイナモ化を検討したいと思います。

2.電池式の自転車用LEDライトを取り付ける

パナソニックから販売されている「ハイパワーLEDかしこいランプV3」を、ダイナモライトを取り外した後に取り付ければ終了!一番手軽そうだけど、レビューを見ると、offスイッチがないことと、電池ケースが工具無しで取り外せる仕様とのことで、ちょっと小生には物足りなかったので見送りました。悪い商品では無いと思いますけどね。

3.汎用ライトをハンドルに取り付ける
結局、若草号を購入して以来運用している方法にひとまず落ち着きました。

このようなライトホルダーを取り付けて・・・と。

ライトをこんな風に取り付けます。直径2~3センチ前後のライトなら何でも取り付けられると思います。

後ろ(乗車位置)から見るとこんな感じ。

この方法のメリットは、ダイナモライトとは比べられないほど明るい前照灯になることですね。すでにライトを持っている方なら、ライトホルダーを購入するだけでOKなので出費も少ないです。
一方デメリットは、なんといっても毎回ライトを取り付け・取り外しする手間ですね。万が一ライトを持っていなかった場合は無灯火になってしまいます。小生は万が一ライトを持っていなかったときのために、保険としてダイナモライトは取り外さずにおくことにしました。

小生のブログでは何度も紹介していると思いますが、若草号のライトはこんな感じ。さすがにマジックテープがへたってきたので、100均で貼付けタイプのマジックテープを買ってきて補修しました。ピネロロにも同じホルダーを付けています。

海外通販に抵抗のない方なら、aliexpressで更に安く購入することができます。

Bicycle LED Flashlight bicycle light Clip Torch Light Holder Mount Base with Adhesive Strap Black Rubber Anti Skip Function Clip-in Bicycle Light from Sports & Entertainment on Aliexpress.com | Alibaba Group

前照灯は重要な保安部品なのに、無灯火でも走れてしまう自転車の多いこと・・・先日の大停電のときは、街灯もネオンも消えさすがに暗かったので、人々は誰に注意されるでもなくライトを点け、ライトが点かない人?は懐中電灯やスマホのライトを持って走行していましたね。みんな、必要になったら自主的にライトを点けるのに、街灯がついた途端に元の木阿弥、無灯火の自転車ばかりになりました。

自転車のライト点灯は、まずはもちろん自分のためです。万が一事故を起こした際に、無灯火ほか整備不良があったりするといろいろと責任を追求される可能性がありますからね。同時に、他人のためでもあります。自分の存在を相手に知らせることで、お互いに注意して走行ができますからね。

すべての人がライト点灯するためには・・・ライトを点けたい!と思わせる環境を作るか、負担なくライト点灯する商品を開発してそれの装着を義務化させるか、あるいは社会の仕組み(またはインフラ)としてライト点灯する環境を作るか、はたまた、ライト点灯をせずとも良い環境を作るか・・・それとも、今のグレーな自転車環境のままのほうが、いろいろかっちり法整備してしまうより生きやすかったりするのでしょうかね?どう思います?どうでもいいですか(笑)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -