Amazonの荷物受け取りに、ヤマト運輸営業所のPUDOステーションを利用してみました。

PUDO(プドー)ステーション | パックシティジャパン

通販の荷物をいかに効率よく受け取るか・・・通販を愛する小生には常に付きまとう問題です。自宅に送られてもなかなか受け取れないため、職場に送ってもらったり、コンビニで受け取ったりと策を講じているわけですが、PUDOステーションという共用宅配ボックスみたいなものがヤマト運輸の営業所に設置されているので、試しに利用してみました。

札幌市内某所のヤマト運輸営業所にあるPUDOステーションです。タッチパネルに受け取りパスワードを入力し、次の画面でタッチパネルに手書きサインをすると、荷物が入ったロッカーがおもむろに開くので、中に入った荷物を受け取るという寸法です。

Amazonの荷物をPUDOステーションで受け取るには、まずはクロネコメンバーズに登録します。Amazonで普通に送付先を自宅などに設定して注文を確定すると、荷物が発送された時点でクロネコメンバーズに登録したメアドに連絡が来ます。その時点で、受け取り場所や時間を設定できるのですが、その際に任意のPUDOステーションを選択すればOK。PUDOステーションに荷物が入った時点で、受け取りパスワードがメールで届きます。

PUDOステーションでは24時間荷物を受け取れるので、自宅を不在にしていて不在通知を入れられるよりは荷物を早く受け取れます。あとは、ご自身の住環境によってどこで受け取るかを指定するのが一番便利か、時と場合によって考えればOKですね。小生の場合、実は徒歩圏内にローソンがあり、Amazonの荷物はローソン受け取りができるので、ヤマト営業所のPUDOステーションよりローソンで受け取る方が若干ですが便利です。ともかく、運送会社に再配達をお願いする必要がなく、小生にとっても最短日数で荷物を受け取れる便利なサービスは、どんどん使っていきたいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -