EOS 6DにバッテリーグリップBG-E13を取り付けた。バッテリーグリップが動作しない場合のチェックポイントも紹介します!

バッテリーグリップはその名のとおりバッテリーを内蔵したグリップ(持ち手)です。バッテリーはカメラ内に1個搭載するのが普通ですが、バッテリーグリップを取り付けるとグリップ内に2個のバッテリーを搭載できるようになり撮影回数が2倍になります。バッテリーの持続時間がものをいうプロの方には必須の装備ですね。
またバッテリーグリップは「縦位置グリップ」(略して縦グリ)とも呼ばれ、カメラを縦に構える際の持ち手として機能し、縦位置での撮影が抜群に安定します。

各社の一眼レフカメラには純正オプションとしてバッテリーグリップが用意されています。また各社のフラッグシップモデル(CANONの場合はEOS-1D X MarkII)はバッテリーグリップが標準搭載しているかのような造形をしていますね。


画像はキヤノン公式サイトから拝借しました。すごいですね。四角いカメラ(笑)そういえば昔FUJIFILMに縦型のコンデジがありましたね。ともかく、バッテリーを2個搭載できること、縦構図の撮影が捗ること、そして何より、プロっぽい(笑)ということで、6D用のバッテリーグリップを購入しました。

6DにBG-E13を取り付けるとこうなります。登場した当時は世界最軽量のフルサイズ一眼レフとして名を馳せた6Dですが、こうなっては重量級のカメラの仲間入りです。

カメラを縦構図にしてみました。バッテリーグリップがない状態だと、右手首をぐいっと曲げてカメラを保持せざるを得ませんが、グリップがあることで横構図と同じ持ち方でカメラを保持することができ、またグリップに各種ボタンやレリーズが付いていますので、カメラを保持したまま各種設定や撮影ができる、というわけです。まさに縦グリの名のとおりです。

グリップ自体はこんな造形をしています。カメラ本体の電池室を開けて端子をぐいっと差し込み、三脚部分に付いているネジで固定する、というわけです。
ちなみにバッテリーグリップは純正品のほかに、主に中華業者から互換品も販売されています。Amazonで普通に流通していますし純正に比べてかなりの割安ですので、怪しい中華製品が好きな小生としてはそれら互換品も検討したのですが、動作が不安定だったり堅牢性に劣るというレビューもあったのでやめにして、中古品を購入しました。ヤフオクにもたくさん出品されていますが、小生はAmazonで購入できる中古品にしました。互換品に追い銭すれば中古品の価格になりますので、中古品でも問題ないという方は、Amazonに出品されている中古品も検討してはいかがでしょうか。

中古品にもかかわらず本体はとてもきれいなのですが、ラバーがへたって伸びてしまっていて、本体から浮いています。まあ我慢して使える程度ですが・・・

バッテリーはマガジンに取り付けてグリップ内に搭載します。単3電池6本を搭載できるマガジンも付属しています。単3電池用のマガジンは中古の場合付いていないことも多いので、必要な方は付属している中古品を選びましょう。単3マガジンがあれば現場で万が一バッテリーが切れたときに単3電池でその場をしのげる、という非常に大きな利点がありますが、まさか現場で単3電池を買いに走るわけにもいかないと思いますので、単3マガジンを荷物に入れたうえで、単3電池をたくさん携行しなければ役に立ちません。そうするくらいなら、予備のバッテリーを複数持って行く方がたぶん良いですよね?まあ単3電池はストロボに使うなど汎用性がありますから、バッグに予備のアルカリ乾電池を忍ばせておく、という考えもアリなのでしょうか。

バッテリーグリップを取り付けるためにはカメラ本体の電池フタを取り外す必要があります。電池フタは工具不要で取り外せますし、グリップに取り付けられるようになっていますので、紛失防止のために必ず取り付けましょう。万が一グリップを外して運用する場面になった際、キヤノンのカメラは電池フタを本体に戻してフタを閉めないと電源が入らない設計になっています。要注意です!

さてこのバッテリーグリップ、純正品とはいえ中古品ですので使用感はありますし、動作が不安定だったりすることがあります。別のカメラ用に中古のバッテリーグリップを購入したことがあるのですが、ワクワクしながらカメラ本体に取り付けたのですけどどうも動作がおかしいのです。

フル充電のはずの充電池で本体に取り付けたときは確かにフル充電状態を示すアイコンが表示されるのですが、バッテリーグリップに同じ電池を取り付けると容量が半分になっていると表示されたり、電池の情報が表示されなかったり、しまいには電池切れと表示されてしまいました。その他、そのグリップにはマルチコントローラーが付いているのですがそれが動作しない、など、せっかく買ったのに実戦で使えない、という悲しい状況になりました。

まずは落ち着きましょう。商品の説明を見直してみるといちおう「完動品」と書いてあったので、クレームを入れることを視野に入れつつも、自分のミスを疑ってできることをやってみます。

結論から言うと、グリップの端子を布で乾拭きしてやると正常に動作するようになりました。想像ですが、このグリップもAmazonに出品されていた中古品でAmazonが発送する商品なので、プチプチで梱包された状態でAmazonの倉庫にある程度の期間眠っていた可能性があります。電子接点は通電していないと表面が酸化したり、長期間使用していないとホコリを被ったりすることが考えられます。これらが原因で、カメラ本体とグリップが正常に通信できなかったのだと思われます。

この端子部分は意外と繊細なので、グリップの着脱を繰り返したりグリップを外して端子がむき出しの状態で無造作に放置するとトラブルのもとです。逆に、なにか電気的なトラブルが出たときは端子や接点をまずは疑い、クリーニングなどしてみましょう。

参考サイト:
バッテリーグリップの修復 | Reota!
Canon バッテリグリップ BG-E2Nの修理 – 拝啓、空の下より
バッテリーグリップ グリップラバー剥がれ補修 | その他 その他 by くろネコ – みんカラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -