甘酒が好き!死ぬほど飲みたい!!

小生の生まれた街ではお正月に「元旦マラソン」なるイベントがありました。その名のとおり元日の朝に行われる約5kmのマラソン大会です。走った後は役場でお餅を食べられるご褒美付きの楽しいイベントでした。子どもは餅を食べておしまいですけど、やっぱり大人はお酒ですよね。その場には甘酒があったと思うのですけど子どもには無縁の飲み物で、でも大人の特権の象徴として小生の思い出の中に「甘酒」という存在は残りました。

それからウン十年、時代は移り変わり、甘酒は健康食品としてもてはやされるようになり、パック入りの野菜ジュースと同じように簡単に手に入り、気軽に飲めるようになりました。

でも小生にとって、甘酒は気軽に飲んではならないもの・・・神聖な、大事な飲み物。

つまり、好きなだけ飲みたい!

じゃあ、自分で作るか!

甘酒の作り方【分かりやすい動画付き】かわしま屋

うちにはヨーグルトメーカーがあるので手軽に温度管理ができます。上記のレシピを参考に、1.5合の炊いたご飯、100gのほぐした米麹、300ml位の水(ご飯が水に浸かるくらい)を混ぜて・・・と、

炊きたてのご飯は熱いので、水を混ぜて50℃くらいになるまで放置します。温度が下がったら米麹を入れよくかき混ぜ、ヨーグルトメーカーで55℃、6~7時間保温します。

できました・・・!このままだたお粥状です。もちろん、このまま食べても美味しいのですが、飲みやすくするために液状にします。

ミキサーで液状にしても良いですが、多少つぶつぶ感があった方が楽しいので、シリコン製の大型スプーン?で気が済むまでつぶします。

さてそのお味ですが・・・すごいよ!砂糖を入れているわけでもないのにめっちゃ甘い!そして冷やして飲むととても爽やか!ご飯の代わりにもなりそうだし、夏バテして食欲がないときでもスイーツ感覚で食べることができそう。これはいい!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -