ラジオスレーブYONGNUO RF-603IIの設定をまとめます。

ほぼ備忘録ですが・・・

1.リモートレリーズ
手元のRF-603II、カメラに取り付けたRF-603IIともにTRXにします。

2.オフストロボ(カメラとストロボを離して撮影)
カメラに取り付けたRF-603IIはTX、ストロボに取り付けたRF-603IIはTRXにします。
※カメラに取り付けたRF-603IIをTRXにしても同様の動作になります。

3.オフストロボでかつリモートレリーズ(オフストロボに取り付けたRF-603IIのスイッチでリモートレリーズ)
上記1.と同様、ストロボに取り付けたRF-603II、カメラに取り付けたRF-603IIともにTRXにします。

マニュアルによると、TX=single transmit、TRX=transmit-recieve automatic switchということで、使ってみた感じだと、基本TRXでよいのだけど、TXにすると、レリーズを切らずにストロボの発光テストを行うなど、機能を限定した動作をする、という感じです。かなり適当な意訳ですが、こんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -