初めてPeachに乗ったら鮮烈な洗礼を受けましたの巻

数日前、初めてPeachに乗ったのですけど、偶然にも欠航便にあたってしまいました。

11:10関西行きを予約していて、1時間半くらい前に空港に到着したのでまずチェックインを、と思ったところ・・・け、欠航!?

え?なぜ?なに?だって、千歳は雨だったけど大した雨じゃないし、大阪は晴れてた。天気予報を朝チェックしてきたから間違いない。ということは、まさかの機材繰り欠航!?この時点でいったん思考停止ですよ(笑)

とにかく、欠航となったのは予約していた便のみだったので、振り替えをせねば。でも当日はゴールデンウィークの真っ只中。もともと予約が殺到していた上にほかの乗客の振り替えが続き、結局振り替えができたのは18:55発の便になりました。おいおい、乗る予定だったのは11:10だったんですけど、約7時間遅れですよ。よく大雪で飛行機が飛べず空港に足止め、というニュースをみるけど、まさか小生がそれに当たるとは!しかも大した荒天でもないのに。キャンセルして他社便を手配し直すという手も検討したけど、他社便も軒並み満席でそれもできませんでした。

当日の様子はこんな感じ。関空から千歳に飛ぶ便が機材繰りで欠航し、その影響で小生の予約便も欠航になったようです。

いや~、よく憶えてないけど、5/3の運行状況twitterをどこかのタイミングで見たんですよね。一部欠航と書いてあるけど、でもまさか小生のフライトが、とは考えてもみませんでした。だって、荒天じゃないし(しつこい)

結局、夕方まで時間をつぶして18:55発のフライトで関西に行きました。

機内では、関空→難波の南海電車きっぷを若干割安で買うことができました。

関空到着は20分ほど遅れました。もう真っ暗です。Peach機体からターミナルまでは地上を歩いて向かいました。

というわけで、人生初のPeach体験はかなりほろ苦いものとなってしまいました。この一件だけでPeachをディスるつもりはさらさらありませんが、やはり格安航空会社、サービス対価を支払っていないわけですからいろいろと自衛をしなければ、と身を持って感じました。とにもかくにも、運行状況をしっかりチェックすべきでしたね。twitterは前日から出ていましたから、前日に気付いていればもっと条件の良い別便に振り替えられる可能性はあったはずです。まあ空港に早く到着していたことで最悪の事態は免れましたが・・・
ほかに、シートが狭いとか、荷物を預けるのに追加料金がかかるとか、支払手数料がかかるとか、いろいろと感じるところはありました。でも、さっきも言ったとおり支払っている金額なり、ということですよね。安かろう悪かろうと言うのはお門違い、値段相応のサービスを受けているだけです。というか、スタッフの対応は値段相応なんてものじゃありません。とても良かったですよ。振り替えにあたってもできるだけのことはしてくれましたしね。そうそう、千歳空港のPeachスタッフはANAの社員証を付けていました。現場対応はANAに委託してるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)