マイクケーブルが増えてきたので確認!ついでに8の字巻きをマスターしたよ!

いつもお世話になっているサウンドハウスさん。マイクケーブルやちょっと特殊なオーディオケーブルは基本的にサウンドハウスさんで購入しています。サウンドハウスさんのショップブランド「CLASSIC PRO」のマイクケーブルは非常にコスパが高く、何本でも揃えたくなります。ただ、折り畳むように束ねてパッケージされているので、結構強い折り癖が付いています。使用頻度の多いケーブルは自然と折り癖が取れていきますが、使用機会の少ないケーブルは折り癖がなかなか取れません。

マイクスタンドにぶら下げてみました。ケーブルによって折り癖が残っているものとそうでもないものがあることが分かりました。ぶら下げて癖が取れれば・・・と思ったのですが全然取れないので、ドライヤーで熱しながら真っ直ぐになるように癖を付け直しました。
なんとなく、黒より青のほうがケーブル径がわずかに太く、巻き癖が強く付いているような気がします。

さてある程度真っ直ぐになったところで、ケーブルの束ね方を勉強します。普通に丸めて束ねるとほどいたときによじれるので、ここは業界の人なら誰でも知ってる8の字巻きをマスターすることにします。

順巻き、逆相巻き、8の字巻き!ケーブル巻きのお話 | BREAK TIME | ヒビノのブログ

わかりやすい!ケーブルの巻き方・八の字巻きのやり方

大変良く分かる解説で、小生でも少し練習すればマスターできました!

ちょっと巻き癖が残っているのできれいな円形になっていませんが、自分で言うのもなんですがまあ合格点ではないでしょうか。

知り合いの音響さんはすごいスピードで8の字巻きをしています。じっくり見てても目にもとまらぬ早業ですのでよく分かりませんでした。でももう大丈夫!あとは練習あるのみ!そのうち音響さんと8の字巻き談義でもしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -