札幌中心部では、だし醤油が自動販売機で買えます!【だし道楽】

とある寒い日のこと。

小生「あー寒いな~、自動販売機で温かいコーヒーでも飲みたいな~」

小生「あ、あそこに自販機があるぞ、行ってみよう」

小生「交差点の向こうだ。ん?なんか変な旗が立ってるぞ」

小生「さてどの自販機にしようかな。左端の白い自販機にしよう。売ってるのはペットボトルだ。どれどれ、ラインナップは2種類か」

小生「1本700円!高いっ!」

小生「背に腹は代えられぬッ」

小生「だし道楽!なんと面妖な!」

というわけで、札幌市内にはだし道楽さんの自動販売機があります。しかも3箇所!いつからあったのか気づきませんでしたが、先日友人の紹介で初めて知りました。せっかくなので、市内3箇所の自動販売機を全部回ってみることにします。なんという誰得な企画でしょう!こんなことをやって嬉しいのか小生!?と自問自答したくなりました(笑)

だしの自販機設置場所 – だし道楽『だしの自販機でおなじみ』有限会社二反田醤油

まずは先ほども訪れた中央区北3条西2丁目。三井のリパークと提携しているのですね。

そしてこちらは中央区北1条西5丁目。北菓楼のとなりです。

ここはほかに自販機がなくて寂しそう・・・

最後に、中央区大通西5丁目。大通公園の南側(南1条側)ですので行かれる方はご注意ください。

ここはほかにも自販機がありましたが、全部白い筐体でした。間違って他のものを買わないように注意が必要ですね☆

今回購入したのは「だし道楽焼宗田節入り」でした。以前購入し結構使っている「だし道楽焼きあご入り」と比べてみましょう。見えにくいですが、「宗田節入り」は中に宗田節と昆布が、「焼あご入り」は中に飛び魚節?と昆布が、それぞれ1本まるごと入っています。なかなかワイルドです。

味の方ですが、「焼あご入り」を最初に購入したのでその印象が強いですね。小生はあごだしに親しんでいるので、やはり親しみのある味であることと、普通のだし醤油にはないガツンとした青魚の香りが楽しめてとても好きです。うどんなんかはもちろん、TKGなんかにかけると高級TKGになる感じがします。それに比べると、「宗田節入り」の方は一般的なだし醤油の味に近いかな・・・でも、よく使っているだし醤油よりもコクがあり、半端なく香るだし感のおかげで、薄味でもしっかりと旨味を感じます。そして独特なとろみ(入っている天然昆布によるものだそうです)が食材によく絡んで美味しいです。いろんな値段のだし醤油があるなか、500mlで700円は高い部類だと思いますが、いざという時の勝負だしとして、持っていても良いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -