プレスポのBBをバラしてみた。

先日購入したメンテナンススタンドTacx CycleMotion Standを使って、小生のプレスポ”若草号”のBB(ボトムブラケット)部分をばらしてみました。スタンドの使い勝手なんかもなんとなく実感したので感想を書いてみます。

前輪を外し、フォークでスタンドに固定します。

クランクを左右とも外しクリーニング。BBはこの部分。スクエア(四角)テーパーのカートリッジBBです。

BBの規格はこちらが詳しいです。ボトムブラケット(BB)

BBを外すにはこういう工具を使用します。小生はアストロプロダクツの工具を使用しました。先端には歯が20本あり、BBのギザギザに嵌合します。差込角1/2のソケットになっているので1/2のハンドルが使えますし、モンキーレンチでも使うことができます。これでもって、BBの左右を回して外すわけですが、左側は正ネジ、右側は逆ネジなので注意が必要です。

とはいえ、小生の若草号のBBは4年くらいノーメンテで運用しているので、サビなどで固着している可能性があります。果たして外せるでしょうか・・?

外れました!びっくりするほどきれいな状態です。表面のグリスも多少残っていましたし、サビもほとんどありません。

BBシェル内もきれいな状態です。

さてここから、シェル内を観察したり、BBをクリーニングして各所を計測したり。。。と楽しい作業を目論んでいたのですが・・・南無三!雨が降り出しました!!このまま放置するわけには行かないし、日も暮れてくるので、仕方なく元に戻すことに。カートリッジBBは古いグリスを拭き取ってグリスを塗り直し、シェル内もクリーニングして再度組み付けました。クランクも大急ぎで取り付けなおして、今回の作業終了。なんだか消化不良で終わってしまいましたが、いちおうこれでプレスポのほぼすべての部分をばらせたことになります。今度は、プレスポを一度に全バラシをしてみたいです。もちろんピネロロの全バラシもね。ピネロロのBBはたぶんプレスフィットタイプなのでバラシは難しそうですが。

ところでサイクルモーションスタンドの使い勝手ですが、BBを外す際などに結構なトルクを掛けたのですが、歪むようなことはありませんでした。剛性はそれなりにありそうです。BBの受け部分がまさに上の写真のとおりプラスチックなので横方向にずれやすいですね・・・特にBBをバラすとき、強いトルクを掛けたときによくずれました。BBがずれると作業がしにくくなることに加え、フォークで固定している部分にねじれる力が強く掛かることになり、フォーク破損の危険があります。何らかの横ずれ対策を講じる必要があります。パークツールのメンテナンススタンドはBB受け部分に滑り止めのラバーコーティングされているようなので、ゴムシートなどを挟むとか、やってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)