ny事件の、ホントとウソ

タイトルがかなり大袈裟だけど、今朝のニュースでWinnyで漏れた愛媛県警の捜査情報に関する報道をやっていたので、ちょっと思うことを書いてみます。

とりあえず、この事件に関するリンクなど。
asahi.com:ウィニーのサイト内検索結果
Tmedia エンタープライズ:Winnyウイルス事件を追う

まず明確にしておかなければいけないことは、WinnyネットワークはP2Pの複合体である(クライアント・サーバ方式ではない)ため、Winnyを立ち上げている端末が存在する限りネットワークも存在し続けるということ。また、ネットワーク内に存在するファイル(キャッシュ)は、一人の人間の意志のみで完全に消去することは不可能であるということ。つまり、流出した捜査情報は、全てのWinny使用者が自らのキャッシュフォルダに存在する関係ファイル(断片も含め)を消去しない限り、Winnyネットワーク内に存在し続ける。誰一人として、自らの意志や権力のみでそれらを消去することはできない。もちろんその原則?は、ネットワーク上に存在する全てのファイルに当てはまる。

流出した捜査情報から、過去の犯罪歴を暴かれたり、捜査協力者として特定され加害者から報復されたりという事件が発生する可能性もあり、実際にそのような事態になった事例もあるという。前述のように、捜査情報ファイルをネットワークから完全に消去することは不可能に近いため、Winny使用者がいる限り捜査情報は広まり続ける。流出元がなんらかの声明を出すか、あるいは事態が収束することを待つしかないのか?

これらのファイルは、ファイル名に愛媛県警の文字を入れられたため、検索が容易になり拡散速度も上がったという。Winny上で問題のあるファイルを広めようとしている人に悪意があることは間違いない。だがそれに加えて、公権力の権化ともいえる人たちや組織のお粗末な失態を鼻で笑いたい庶民的悪癖ともいうべきものもあるだろう。すくなくとも私には、高慢で鼻持ちならない人の失態を思わず笑ってしまいたくなる心理はある。

ともかく、今後の対策。当たり前のことを当たり前にこなす、それ以外ないって。重要なファイルが入ったパソコンやネットワークにはWinnyを入れない。それだけのことが何故できないのか。もちろん、個人レベルで行える有効な対策はいくらでもあるよ。ファイアウォールで不審なプロセスからのネットワーク接続を遮断する、マルウェアの繁殖を押さえるためのアンチウィルスソフト、そして、不審な実行ファイル(大抵、フォルダに偽装されていたり、好奇心をくすぐるようなwファイル名にリネームされてる)を実行しない。Winnyに由来するパケットを制限するとか、そんな大袈裟な対策も、やらないよりはまあいいだろう。とにもかくにも、知ってか知らずかに関わらず著作権法を犯している可能性のあるソフトウェアを使っているという危機感を持たなきゃ。

それはそうとして、今や普通に報道され知名度もたぶんかなり高くなったWinny・ウィニーという名前。作者である47氏(2chダウンロード板におけるHN、本名:金子勇氏)が命名したのだけれど、Winny使用者が逮捕されWinny関係の報道が増え始めた頃、もしも「Winny」という名前が、放送禁止用語、あるいは商標や特許を犯すような名前、個人名だったりしたら報道もしにくくならないか?なんて話題が2chで盛んに出ていた。たしかに、WinnyがWinnieだったらちとヤバかった。商標とかだったら、NHKじゃ報道しづらいよね、きっと。放送禁止用語だったりしたら、アナウンサーのリアクションとか面白いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -