HIRAMEヒラメポンプヘッド横カムタイプを導入しました!

弘法筆を選ばず、という言葉がありますが、良い物がいろんな意味で生活を豊かにすることもまた事実・・・ということで、日々行っている自転車への空気入れを快適にするための道具を買ってみました。クワハラという会社が作っているヒラメポンプヘッド横カムです。小生がリスペクトしている飯倉氏も使用されています。ポンプヘッドの名のとおり、空気入れの先っぽ、タイヤチューブのバルブに接続する部分のパーツです。職人さんが一つ一つ手作りで制作しているそうで生産量が少なく、通販サイトでもほとんど品切れや受注生産で何ヶ月待ち・・・みたいな様子なのですが、たまたま見た楽天のお店に在庫があったので、この機会に買ってみました。


ポンプヘッドと固定バンド、リペアパーツとしてパッキンを購入しました。

これがヒラメポンプヘッドです。アルファベットでHIRAMEって書いてあります。細い筒状の部分を空気入れのホースに入れてバンドで固定する構造です。

別角度からも写真を撮ってみました。レバーが横に動く横カムタイプを購入したのですが、若干安価な縦カムタイプもあります。横カムのほうが狭いスペースでも使えるので車輪の小さい小径車なんかにも対応できるそうですが、このポンプヘッド、5,000円近くします・・・でも全てのパーツが金属製で耐久性も高そう。もしかしたら一生使えるかもしれません。

固定バンドはMade in UK!でも400円くらいでした。ホームセンターなんかでも値段がそんなに変わらないらしいので推奨品を買ってみました。

こんな感じで分解できます。

さて何度も言うようですがこれはポンプヘッドなので、使うには空気入れに取り付けなければなりません。小生の空気入れはパナレーサーのもので、プレスポとほぼ同時期に購入したものを愛用していましたが、そのポンプのヘッドを外して、ヒラメを取り付けるという手順になります。

これがその空気入れ。確か2,500円くらいで購入したものですので、ヒラメの半分の値段です(笑)

ポンプヘッドはこんな造形です。ほぼ全てがプラスチックで、レバーのみ金属製(たぶんアルミ)ヒラメを購入した人のレビューのほぼ全てが既存のポンプヘッドへの不満を書かれていますが、小生も同じくこのポンプヘッドを気に入ってませんでした。バルブに入れたときに空気が抜けるとか、レバーが本体より硬いので本体の一部が壊れたとか、空気を入れたあとにバルブからヘッドを外すときにバルブを曲げそうになるとか・・・ヒラメに変えることでこれらの不満が解消されるらしいです。
とはいえ、使えないわけではないのです。まだ使えるものを交換するなんて・・・しかも本体より倍以上する値段のものに・・・という常識的なことは考えないようにします。

既存のポンプヘッドはこんな風に外れます。

固定バンドを先に通したあと、ホースにヒラメを突っ込んで固定バンドで固定!

ポンプヘッドだけやたらと高級感のあるパナレーサーになりました(笑)

さて肝心の使用感ですが、これはもうレビューにあるとおり、今までの不満が嘘のように空気を入れる作業が楽になりました!ポンプヘッドの横カムをリリースした状態でバルブを穴に入れ(従来の押し込むという感覚はなく、単にそっと入れるだけ)、ヘッドの調整ネジをよろしく締め込んだあと横カムを押し込んでロックさせます。この感覚は、クイックリリースを締めるときのそれに似ていますね。それだけでヘッドがバルブに固定されるので、あとは適正圧まで空気を入れるだけ。ポンプヘッドを外す時は、まずは横カムをリリースします。すると「パシュ!」という音とともにポンプ内の空気が抜けます。チューブの空気は一切抜けません。そののち、ヘッドをバルブからそっと引き抜くだけ。従来のポンプのように、力を入れて引き抜くという感覚は皆無です。

これはいいものを買いました。素人の小生には一生モノかもしれません。

ガンガン使うプロの方にはこれとて消耗品らしいですが→ヒラメ 死にますた | サイクルメンテナンス | 自転車のメカニックスクール&修理・整備サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -