歯ぐきから砂粒が出てきた・・・!!!!

歯をいためる原因。それは、虫歯と歯周病。虫歯は痛みを感じるからすぐに歯医者に行く気になるけど、歯周病は痛みを伴わないというか、痛み出したらもうやばいって話。

うちの近くに歯科クリニックがあり、そこでは予防歯科なるものをやっているのです。小生的にはなんとなく、虫歯を未然に防ぐ目的で1年半くらい前に行き、そして先日久しぶりに行ってみた。すると・・・

虫歯は無かったのだけど、歯と歯ぐきの隙間が前回より開いている部分がかなりあり、そこに歯石が結構着いてたらしい。

まず、歯と歯ぐきの隙間を調べるには、針のようなものを歯と歯ぐきの間に逐一突っ込んでいくのです。で、その針には目盛りが付いていて、針がどこまで入ったか分かるようになっているらしいです。で、針を突っ込まれたときに痛みを伴う場合とそれほど痛くない場合もあり、痛いということは何らかの炎症の兆候だそうで、これらのことは小生の処置を担当してくれた歯科衛生士さんが処置しながらしゃべってくれましたのですけれど、小生は針を歯ぐきに突っ込まれてるので痛いやら気持ち悪いやらでそれどころじゃありません。
そして、歯ぐきの隙間を計ったあとは、いよいよ歯石取り。歯石ってのは歯磨きしにくい前歯の裏や奥歯に着いてる。しかも、歯ぐきから露出しているいわゆる「歯」の部分だけじゃなく、歯ぐきに覆われている部分にもついているのね。普通は歯に歯ぐきが密着していて歯石の着く隙間は無いんだけど、歯石が着いて歯ぐきの隙間が開くのか、何らかの原因で歯ぐきの隙間が開いて歯石が着くのか、まるで鶏と卵の話でよく分からないのだけど、つまるところ、歯ぐきの中に歯石も着いてくるわけ。で、歯石取りなんですが、なんとなくルーターのようなもので削り取るのかと思ったら、歯科衛生士さんが専門の工具!?で力ずくで取ってくれます。もうゴリゴリとネ!痛いわ、苦しいわで、半分気を失いそうになりながら治療を受けた小生でした。1年半前に、歯はある程度きれいになってたはずなのにというか、その時もこんなに歯石取りに苦労しなかった気がするので、つまりその後の生活環境の変化などで歯石がいっぱい着いてしまったということなのか・・・などと、朦朧とする意識の中で考えつつ、ちょっと一段落し、ようやく口をすすいで良いという許可が出たので起き上がって口をゆすごうとし、何となく作業台というか歯科医さんが冶具なんかを置く台を見てみると・・・そこには血にまみれた、黒っぽい砂のようなものが・・・?
「それは今取った歯石です」

!!!

どこかで見たのだけど、歯の表面というか歯ぐきに覆われていない部分に着いてる歯石は色が白っぽく、歯ぐきの中の歯石は赤黒いとのこと。

ちょっと恐ろしかった。

痛みと疲労と恐怖体験で朦朧とした意識のなかで、病院を後にした。

というわけで、皆さんもたまには歯石取りに行ってはいかがでしょうかというか、最初にも書いたけど歯周病は自覚症状が無いのでほんとに要注意です。痛みがなくても歯医者に行った方がいいですよ!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -