HUAWEI MediaPad M3の充電性能をチェックしてみた。

HUAWEI MediaPad M3の充電性能まわりをチェックしてみました。

カタログ値では、バッテリー容量は5,100mAhで、急速充電、QuickChargeなどの表記は特にありません。

前回の記事のとおり付属の充電器は5V2Aまで対応していますので、その速度で充電できることを期待したのですが・・・そうは問屋がおろしませんでした。

M3の電池残量は20%から調査開始しました。ちなみにEMUI5.0(Android7.0)にアップデートしています。

まずこちら。AUKEYの充電器に接続したところ5V1.15A。この充電器はQuickCharge3.0に対応しているポートがあるのですが、それ以外のポートだとこの程度のアンペア数しか出ません。

純正の充電器でチェック。大体、5V1.5A出ています。充電器は2Aまで対応しているのに、M3側の調整で1.5Aでしか電流が流れないようになっているようです。ちなみにUSBケーブルは純正ではありませんが、5V2Aでの充電が可能なケーブルです。

再度AUKEYの方に差し替え、100%近くまで充電しました。約4時間半かかって4,400mAh充電できたことになります。残量20%から充電を始めましたので、5,100mAh×80%=4,080mAhで、充電中の4時間半も本体の電源は入ってますので、余分に300mAhくらい電力を消費していた計算になるのでしょうか。

まとめると、5,100mAhの大容量電池にかかわらず充電速度は普通なので、先を見ながら計画的に充電をした方がよさそうです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -