HUAWEI MediaPad M3用のケースを選んだよ!

小生は、スマホにはケースを付けるけどフィルムは貼らない派です。ケースも、基本的には手帳タイプではない、裏側だけを覆うタイプが好みです。スマホを使うのに、いちいち蓋を開けてロック解除して・・・なんてやってらんないですし。

M3にもケースを付けたいなと思ったんですけど、本体が大きいので基本的に衣類のポケットには入りません。従って、カバンの中に無造作に突っ込むことになるわけです。画面の傷も心配だったのですが、やっぱりフィルムを貼るのはイヤなので、iPadなんかでおなじみの蓋付きのケースを試してみることにしました。

やはりHUAWEI、amazonでも普通に売ってます。しかもMediaPad M3と同型のdtab Compact d-01Jというタブレットがdocomoで売られているそうで、アクセサリなんかも充実していますね。ひとまず、蓋付き蓋なし(TPU素材)をamazonで買いました。ああ、こんな風に色々買ってると、せっかく端末を安価で手に入れたのに結局金額がかさんでいくんですよね。

ケース側は硬めの半透明プラスチック素材、蓋部分は表側は発泡スチロールチックな素材、蓋の裏はスエードっぽい素材。若干生臭い臭いがします。蓋がケースから剥がれやすいというレビューを多く見ました。確かに剥がれそうな感じではありますが、破れさえしなければ接着剤なんかで修復できそう。ともあれ、全体に安っぽく、お値段相応という感じです。まあ別に高級感のあるものが欲しかったわけではないので問題ないです。
ちなみに同様のものが中華通販でも売られてましたが、値段がamazonとあまり変わらなかったので、今回は素直にamazonで購入することにした次第です。

重さは104g。M3本体が324gでしたので、合計で約430gとなります。ケースは本体の約1/3の重さなんですね。

ちなみにTPUの方は62gでした。

ボタンやヘッドホンジャック、スピーカー穴などの部分はきちんとカットされています。SD/simトレーは覆われていますので、取り出す際はケースを外す必要があります。

こんな風に、立てて保持することができます。蓋の中に幾つか磁石が仕込まれていて、三角形に折りたたんだ状態で蓋が固定できます。

ということで、お値段なりですがそれなりに使えるケースでした。蓋を閉めると自動でスリープになる機能も使えます(本体の設定で、「スマートカバー」をonにしましょう)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -