ピネロロの後ろホイール【R501】ハブのオーバーホールをしました。

ピネロロは購入して2シーズン目ですが、普段乗りではないためまだ走行距離は1,000kmいったかどうかくらいです。前ホイールは去年9月に早々とバラしてクリーニングとグリスアップを行いましたが、このたび後ろホイールのオーバーホールを行いました。結果としては、初回のオーバーホールとしてはちょうどよい時期だったんじゃないでしょうか。

車体からホイールを外します。

汚れ具合はこんな感じ。スプロケは時々掃除しているのでこの程度の汚れでした。

さっそくバラしました・・・なんて、作業は簡単には行きませんでした!スプロケは10速なのでロックリングはピネロロと同じ工具が適合するのですが、とてつもない力で締められていたようでちょっとやそっとでは緩みませんでした。休憩しながら10分ほど格闘しようやく外れました。ハブのロックナットは17mmで、玉押しはたぶん13mmだったと思います。

ベアリングは左右角9個。玉押しもきれいな状態で虫食いなどはありません。グリスは残っていましたが、若干変色し始めた状態でした。

フリー側のカップはきれいな状態。

反フリー側もきれいです。トータルで回転系はとてもいい状態です。

ささっとグリスを詰めてベアリングを設置。

シャフトにもグリスを塗りたくります。余談ですが、グリスの塗布にはマイナスドライバーを使っています。グリスの容器からマイナスドライバーでグリスを掻き出し、置くようにグリスを塗ります。手にグリスが付くといちいち拭き取らないといけなくて面倒ですしね。ただシャフトにまんべんなくグリスを塗るのはマイナスドライバーだけでは難しいので、仕方なく指でのばすようにグリスを塗ります。

ささっと組み直し、玉当たり調整をして完成。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -