小生のプレスポ「若草号」をクロスレシオ化しました!

クロスレシオトランスミッション – Wikipedia

プレスポはフロント3段、リア8段の外装24段変速です。歯数の異なるギアを掛け替えることでクランクの回転を特定の係数でもってリアホイールの回転に変換するわけです。リアに関しては、歯数の大きなギアにチェーンを掛けるとクランクは軽く回り、歯数の小さなギアに掛けると、クランクは重く回るかわりにスピードが出ます。

クルマの場合、発進時は1速(ロー)、スピードが出るにつれて2速、3速と変速していきますが、同じことが自転車でもいえます。すなわちローギア(歯数の多い大きなギア)から発進してスピードに乗るにつれて小さなギアに持っていき、最終的にはトップギアにもっていくことになります。また、上り坂などでスピードが出せない場合、ローギアに変更して軽くクランクを回せるようにしたりします。

小生のプレスポの場合リアは8段変速で、ローは程よく大きく、トップは程よく小さく、平地から坂道までこなせる、いわゆるワイドレシオな仕様です。それに対して、ローがそこまで大きくなく、トップもそこまで小さくない、クロスレシオという仕様もあります。レシオとはギア比のことで、ワイドレシオとは8枚のギアの最大・最小の割合が広く、クロスレシオはそれが狭い、ということになります。どちらがいいということはなく、自転車の運用方法によってどちらが適しているかが決まります。ワイドレシオは、平地から坂道までオールマイティに使えますが、ギア1枚ずつの歯数差が大きいため、最適なギアが選びにくかったりします。対してクロスレシオは、坂道への対応力は弱いもののギア1枚ずつの歯数差が小さく、最適なギアが選びやすいです。クルマで例えるなら、ワイドレシオが1,2,3,4,5段変速とすると、クロスレシオは2,2.5,3,3.5,4段変速、といったところでしょうか。

と、ごたくはともかく、平たくいえば、ワイドは坂登り用、クロスは平地・街乗り用ということになっています。以前はプレスポで100kmライドをやってましたのでワイドが必要でしたが、今はピネロロがありますのでプレスポは実質的に街乗り専用になっています。ということで、プレスポをクロスレシオ化して街乗り性能を試してみようと思いました。

実際にやる作業は、リアのスプロケをクロスなものに交換するだけです。

箱を撮り忘れましたが、これが今回購入したスプロケット。シマノのCS-HG50 8S 12-25Tです。12-25Tとはトップが12、ローが25ということです。各ギアの歯数は、12-13-15-17-19-21-23-25です。
参考までに、プレスポのデフォルトスプロケットはCS-HG31-8S 11-30Tで、各ギアは11-13-15-17-20-23-26-30です。

デフォルトのスプロケは黒いです。

スプロケをリアホイールから外します。

外れました。この機会にフリー部分もクリーニングします。

新旧のスプロケを比較。最大歯数のギアの大きさが結構違うのが一目瞭然です。そして、新しいクロスレシオの方はメッキ仕様?で銀色です。

スプロケを取り付けました。

リアホイールを取り付け、動作確認をして作業完了。スプロケが銀色になり、見た目も変わりました。

さて小生のプレスポをクロスレシオ化して、2週間ほど通勤などで乗ってみました。第一印象は・・・びっくりするような変化は無かったということ(笑)速く走れるようになるわけでもないし(笑)ただ、ギア比がクロスなおかげで変速をした際のギア比の変化が小さくなり、変速ショックというか、乗り心地は良くなった気がします。また、現在の速度や道の勾配に合わせてこまめにギアを変えることで、楽に走ることが出来るようになりますので、そのあたりも気にしながらプレスポに乗るといいのかなとも思いました。デフォルトのスプロケも保存してますので、もしワイドレシオに変えたくなったら再度交換することもできます。

ところで、ピネロロのスプロケットは10速ですが11-12-13-14-15-17-19-21-23-25で、今回プレスポに取り付けたスプロケと、最大・最小ギアがほぼ同じです。ピネロロで100kmライドに行けてるので、クロスレシオ化したピネロロでも行けるはず・・・なんてことも考えたりもしてます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -