悩めるiPodユーザの福音となるか!?

タイトルは適当というか、大げさかな?まあでも、もしも小生がiPodを持ってたら、この情報に小躍りするはず。というか、もうずいぶん前からある情報みたいだけどね。

まずこちらの記事を。『iTunes』を使わずに『iPod』を管理、パソコンへのコピーも

ご存知の通り、iPodはiTuneをインストールしなければ使えない。それだけならまだしも、ひとつのPCのiTuneに関連付けることしかできないのだ。どういうことかというと、iPodを一つと複数のPC(winでもmacでも)を持っており、それぞれのPCに異なった楽曲を保存しているとしよう。iTuneをそれぞれのPCにインストールし、各々の楽曲データを各々が個別に管理することは当然できる。ここで、複数のPCに入っている楽曲データをiPodにまとめて入れたくなるのが人情だ。が、iPodはひとつのiTuneにしか関連付けることができないため、関連付けしていないほうのPCからデータをコピーすることができない。そのPCのデータを入れたければ、新たにそのPCに関連付けすればよいが、前のPCからコピーしたデータは失われるという。

小生、こういう不自由って許せないの!

確かに、専用ソフトで管理するメリットは計り知れない。データのタグ情報をデータベース化して曲の検索ができたり、再生した回数や曲ジャンルなどで検索するなど、使える機能が満載だ。ただ、専用ソフトが入ってないPCでは当然使えないし、データの移動を制限されたりと不自由も多い。それに比べ、エクスプローラなど汎用ソフトでデータ転送できる機種は、インターフェイスさえ備えていればどのPCでも(OSを選ばず)使えるし、USBメモリ(HDDプレーヤーはもちろん外付けHDDとして)としても使えるし、自分の気に入ったソフトを使って楽曲管理できる。大抵はタグ管理ではなくフォルダ管理であるという不便さはあるが、フォルダ管理はパソコンに多少詳しい人なら容易に受け入れられるだろう。

ちなみに小生はiAUDIO M3を使ってます。

前置きが長くなりました。iPodはiTuneがなくてもWINAMPで使えるらしいです。WINAMPというのは結構歴史のあるメディアプレーヤーで、プラグインやスキンも豊富にあり、もちろん日本語化することもできるナイスなフリーソフトです。小生も数年来愛用してます。いかんせん小生はiPodを持っていないためWINAMPを使ってiPodのデータを管理するという作業の勝手がよく分からんので引用記事しか書けないのですが、上記の記事を読むだけでも、WINAMPにはiTuneにない魅力的な機能が満載のようで。というかそもそもWindows版iTuneは2000とXPにしか対応してないから、いまだにMEな人や98な人なんかはなに?iPodを使う資格がないってこと?そんなバカな話はないよね。その点WINAMPはMEや98にも対応してるから、MEな人もiPodを使えるというわけです。

以上、駆け足で書いたので乱筆乱文ご海容くださいねっ♪


全然関係ないけど、今日見た惨劇。pachinko
いちおう状況の説明をすると、場所は札幌市内の某アミューズメント店舗内。獲得した玉はピンク色のトレーに入れて席の後ろに積み重ねるのが慣わしなのであるが、そのトレーがひっくり返ってしまった。どうやらひっくり返したのはトレーを積み重ねてた当の本人らしく、店員さんに助けてもらって玉を回収してた。周りの人も「あ~大変だねぇ~」てな感じで終始和やかな雰囲気でした。おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -