プレスポのVブレーキメンテナンス!シュー交換も大事だけど、清掃・潤滑も大事だと実感!

長いタイトルで恐縮です。前回の記事で行ったプレスポメンテナンスではブレーキの左右交換とフロントVブレーキのシュー(リムを挟んでブレーキをかけるゴムの部分)交換を行ったのですが、細かい部分の掃除などは行いませんでした。

フロントのみの施工を行ったのち、フロントとリアのブレーキの具合を確かめてみたところ、フロントはワイヤーが短いためもちろんダイレクトな効きを実感できたのですが、リア側はなんだかもっさりというか、ダイレクト感はあるもののどこかにフリクションロス(摩擦抵抗)を感じる印象でした。まあフロントに比べワイヤーも長いし、こんなもんだろうと思って前回のメンテナンスは終了となったわけです。

さて今回、リアのVブレーキ用のシューも買ってきたので交換を行ったのですが、ブレーキキャリパーの可動部分の簡単な掃除と注油もあわせて行ったところ・・・フロントと同様かそれ以上のダイレクト感を実現しました!小生が感じていたリアブレーキのフリクションロスのすべてではないにしても多くの部分は、ブレーキキャリパーの汚れ・潤滑不足から発生していたわけです。逆にいえば、汚れやすいブレーキキャリパーを日常的にきれいにしておくことで、ブレーキの効きは常に良好を維持できるわけですね。良い経験になりました。

こちらは前回シュー交換したフロントブレーキ。表面を拭き掃除しただけで可動部の掃除はしていません。

こちらが今回交換と掃除をしたリアブレーキ。表面がきれいなだけではなく、可動部もよく動くように清掃・注油しました。しましたというか、こんなにも効果があらわれるとは思ってもいませんでした。清掃といっても、去年行ったように分解して掃除を行ったわけではありません。飯倉氏流に、可動部にパーツクリーナーを噴射→ウエスで拭き取り→可動部を動かしてジャリジャリ感や汚れが残っていないか確認→ジャリジャリする場合は再度パーツクリーナーを吹きかける→以後納得がいくまでループ、というだけですのでお手軽です。ジャリジャリ感や汚れがなくなり、可動部がスムーズに動くようになったら、可動部に注油し再度可動部を動かして潤滑油をなじませ、はみ出た余分な潤滑油を拭き取って作業完了。写真を撮ってないですが、慣れれば数分で終了します。ただしこの作業の効果は絶大で、あまりにも摩擦なくスムーズに動くため、ブレーキレバーを握った際にブレーキケーブルワイヤーの撚り線のザラザラ感というか、細かいデコボコがアウターワイヤーなどに触れて起こる細かな振動が感じられるくらいになります!

そして潤滑油ですが、やはりワコーのメンテルーブがいいですね!これまた先日、AZの激安なのにそこそこ使えるKM-001を購入してチェーンの潤滑などに使ってみたのですが、メンテルーブに比べると油膜が弱い気がします。弱いというのは、走っているうちにオイル切れになる、というわけではなく、雨への耐性がメンテルーブより弱い印象です。雨天後に放置せず再度潤滑させる、というマメさが必要なオイルなのかなと思いました。その分、メンテルーブの半額以下ですし、文句はありませんが。
メンテルーブはKM-001に比べ油膜が強く雨天後も維持されますので、今回のブレーキキャリパーなど継続的な油膜維持が必要なパーツに適していると感じました。もちろん、チェーンにも最適なのですが、チェーンは走れば汚れますし、汚れは掃除することで落として再度潤滑させることを考えると、走行・清掃サイクルに適した潤滑油をチョイスするのがベターですね。まめに掃除して(=油膜を落として)まめに潤滑させる(=油膜を再度作る)人なら、KM-001の方がコスパはよいでしょう。逆に、ママチャリなどであれば、一度の作業で長く油膜を維持できるメンテルーブが適しています。ケミカルは奥が深い!そして、定番商品として長くラインナップされているケミカルを選びたいものです。
・・・今回の内容はかなりの部分が飯倉氏のDVDの受け売り飯倉氏のDVDから学び、そして実感した内容でございますよ。興味ある人はぜひどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -