チェーン洗浄器でチェーンをきれいにした!とてもいい!

チェーンの掃除・・・それは自転車乗りにとって宿命ともいえる終わりのない作業・・・チェーンを潤滑させれば潤滑油が汚れを呼びタールのように黒い汚れがこびりつく。潤滑油を切らせばキリキリキコキコ、自転車は進まないばかりかチェーンは伸び、錆びつき、乗らなくなった自転車はそのまま朽ちてゆく・・・

まあそれはそれとして、チェーンは常にきれいに、ほどよく油まみれになっているのが良いのですが、なかなか洗うのは大変なので、ミッシングリンクでチェーンを繋いで、チェーンを洗う際はミッシングリンクからチェーンを外して灯油を入れたボトルに漬けてシャカシャカ振る、という運用をしていました。ただ昨年は走行中にチェーンが外れるというトラブルも経験し、ミッシングリンクに一抹の不安を覚えたものです。できればミッシングリンクを廃して、チェーンは外さずに洗えるのがいいですね。

メーカー各社からチェーン洗浄器、通称「ガラガラ」が販売されているのですが、そこそこいい値段がする上に効果の程が微妙だったり、すぐ壊れるという意見があったりで買うのをためらってました。でもやってみないとわからないと思い、先日種々ケミカルとともにガラガラを購入しました。

以前の記事でも紹介したAZのケミカルとガラガラです。ガラガラとフィルタークリーナーでチェーンの洗浄を使用という計画です。

洗浄するのは若草号のチェーンです。今シーズンはまだ数10kmしか走ってませんし、確か昨シーズン末に外してシャカシャカしたはずですが、表面は多少きれいでもやはりプレート内部などは黒く汚れています。

いそいそと準備します。

ガラガラにフィルタークリーナを入れ、こんな風にチェーンに取り付けます。フィルタークリーナーは無色透明、若干溶剤の臭いがします。そして、ガラガラをしっかりと保持してチェーンを逆回転させると・・・

なんということでしょう!チェーン表面はもちろんのことプレート内部まできれいになりました!少しサビが浮いているのに目を瞑ればほぼ新品状態じゃないですか!ガラガラ内部のブラシがチェーンを洗うのと、強力なフィルタークリーナーの恩恵ですね。マジで感動しました。

見えづらいですが、ガラガラ内部に残ったフィルタークリーナーは真っ黒に汚れていました。フィルタークリーナーはそのまま排水に流すことはできないので、ウェスに染み込ませて燃えるゴミに出します。ガラガラ内部もパーツクリーナーで洗い、その廃液も同様に廃棄します。

このあとは、チェーンに付いたフィルタークリーナーを除去し潤滑油を塗布する作業となります。飯倉氏はパーツクリーナーとブロアーを併用してクリーナー液を除去していますが、AZのフィルタークリーナーは水洗いで落とすことができるため、ガラガラに水を入れて何度か“すすぎ”をすることにしました。

ちなみにこのガラガラはこの部分に穴が開いているため、チェーンに取り付けてからクリーナーを入れることができます。勢いよく注ぐとすぐに溢れて痛い目にあうので要注意!

すすぎが終わり、ウエスで拭き上げるとこうなります。

表面の水分は拭き取れましたが内部にはまだ水分が残っていますので、水置換効果もあるAZ 極圧・水置換スプレーをたっぷり吹き、再度ウエスで拭き上げて洗浄と潤滑終了。ガラガラを洗い、新聞紙やウェスを処分して作業完了です。

とにかくびっくりするくらいにきれいになりました。準備と片づけが若干面倒ですが、それを補って余りある効果を実感しています。

ちなみに今回は①フィルタークリーナーで洗浄②水ですすぎ③潤滑 の3手順を踏んでいるのですが、フィルタークリーナーの代わりにAZクイックゾルブを使えば、洗浄後の除去が不要でかつ防錆、潤滑もできるそうなのです。さらにお手軽にチェーン洗浄ができそうです。フィルタークリーナーと値段が同じだし、次回に買ってみようかしら。

perfect comes from perfect: チェーンクリーナー3種の比較レビュー
こちらのサイトで、他社のクリーナー駅との比較をされています。

あ、ガラガラにクリーナー液を入れるときは、量は程々にしましょう。洗浄効果を期待して多く入れても、最初の一回しで溢れ出てしまいますからね。無駄だし環境にもよくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -