今シーズンの快適なライドのために、AZのケミカルを買いました。

株式会社エーゼットのケミカル類です。右から、
潤滑防錆浸透スプレーKM-001極厚・水置換 420ml
AZ フィルタークリーナーMFC-001 1L
AZ バイク用チェーンクリーナーパワーゾルMCC-002 650ml
手前は、
AZ 自転車用チェーン洗浄器 DX
です。

KM-001はチェーンの潤滑に使用します。どうしてこれを買ったのかというと、サイクルウェアやパーツを販売しているff-cycle店長のブログ、えふえふぶろぐで紹介されていたから。ケミカルに関しては、飯倉氏のDVD「バイシクルケミカルチューニング」ほかで勉強しているのですが、ケミカルは「何を使うか」よりも「どこに、どのタイミングで、どのように使うか」が大事で、かつ「信頼できるケミカルが信頼できるベンダーから常時供給されること」が大事と心得ています。またえふえふぶろぐの店長さんは、コストパフォーマンスの観点からいろいろなことを考察されて、それが商売に不利だとしても記事にしていますので、非常に信頼ができます。その店長が自らも使用しおすすめするKM-001は、「高価なオイルをケチって使う」タイプではなく「安価なので充分な量をしっかり使える」タイプのオイルです。期待できます。CBNにレビューがありました

フィルタークリーナーとチェーン洗浄器はその名のとおりチェーンの洗浄に使用します。使用イメージはParktool公式の動画をどうぞ。

洗浄器にフィルタークリーナーを入れて、ガラガラ回すとチェーンがきれいになる、という寸法です。これ、やってみたかったんですよね。現状では、チェーンに付けているミッシングリンクを外してチェーンを車体から取り外し、容器に灯油と一緒に入れてガシャガシャやる、という方法を取っているのですが、今回の方法が有効なら信頼性の低いミッシングリンクを使わなくて済みます。ミッシングリンクは便利だけど、以前走行中に外れてえらい目にあったことがありましたから・・・

上記youtubeは、定番のParktool商品を使っていますが、AZの洗浄器はこんな感じです。

AZのフィルタークリーナーには潤滑性能がないので、ガラガラやったあとはクリーナーを落とし、KM-001で潤滑するというわけです。CBNのレビューによると、フィルタークリーナーは水をかけて落とせばいいみたい。ガラガラやったあと、クリーナーが着いている箇所をウエスで拭き取り、洗浄器に水を入れて何回か水を交換しながらガラガラやれば良さそうですね。KM-001は水置換性があるので、水洗い後のチェーンから水を排除し潤滑するのに最適ですね。

いちばん左のチェーンクリーナーは、潤滑スプレーのレビューを書くことを条件に付いてきた、なんとオマケでした。1,000円以上の購入で送料無料になるし、太っ腹なAZさんです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -