ゴボウ茶、ぼちぼち続けてます

以前、ゴボウ茶、始めました。という記事を書きました。それから約7年たった2017年、特に義務感を持つこともなく気軽に続けています。相変わらず自作していますので最近の作り方をご紹介します。


ゴボウは八百屋さんで仕入れます。スーパーのゴボウは調理をするには程よい大きさなんですが、ゴボウ茶を大量に作るのには力不足ですのでね。このサイズで200円弱です。ちなみに晩秋から冬にかけてゴボウの旬だそうです。

土を丁寧に洗い流して扱いやすい大きさにカット。

以前の記事ではまだ試行錯誤してましたが、最近ではスライサーでスライスするのが定番になっています。大きなザルいっぱいにゴボウの薄切りができました。スライスしたての切り口は白くきれいですが、空気に触れるとあっという間に茶色になります。

ザルに入れたままで若干乾かしてから、こんな感じで新聞紙に広げます。スライスしたては切り口が湿っています。そのまま新聞に広げるとくっついてしまいそうなので、少し乾かしてからにしてます。大きな網があればいきなり広げてしまってもいいかもしれません。

半日置くとこうなります。薄切り同士がくっつかない程度に乾燥するのでふたたびザルに戻し、ここからはファンヒーターの熱で一気に乾かします!室内はゴボウの香りでいっぱいになります。夏なら天日干しもいいですが、ファンヒーターの方が早く乾きます。

手でパリッと折れるくらいまでカリカリになったら・・・

最後の仕上げ、フライパンでこげ茶色になるまで乾煎りします。

お気に入りの容器に入れて、完成!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -