Redmi 4 Primeのロケール変更方法

Redmi 4 PrimeをGlobal ROMにしましたので、ロケールで日本を選択できなくなりました。ですので、とりあえずロケールとしては英語を選択しているので、スマホの画面は基本的に全て英語になります。とはいえ、日本語に対応したアプリなら日本語の表示はできるし、ネットで日本語のサイトを開けばもちろん日本語で表示されます。Google日本語入力をインストールすれば日本語の入力が可能ですから、英語のままでも運用に支障はないのですが、ネットで日本語サイトを表示するとgoogle chromeの親切機能で「これは日本語(=外国語)のサイトだから母語(=ロケールで選択している英語)に翻訳するか?」という表示がいちいち出て面倒なことや、googleマップの地名が英語で表示されてしあって見づらいので、やっぱりロケールを日本語にすることにしました。

母国語サイトを見てるのにこの表示が出るのは切ないですよね・・・

情報は全てネットに出てますので感謝しつつ引用します。

基本的にはこちらのサイトの手順でOK。
Xiaomi Mi MAXを日本語設定にする手順(超簡単版) Mi5も – today's ∋シナ冫〒

小生のRedmi 4 PrimeのMIUIバージョンはMIUI Global 8.1 Stable8.1.2.0(MBEMIDI)ですが、ADBコマンド作業中にOperation not allowdのエラーが出てしまったので、USB debugging(Security settings)をonにしました。これをonにするにはMIアカウントを作成する必要があります。
ロケール変更 – Xiaomi端末まとめ Wiki*
中華スマホRedmi Note 3 Proで遊ぶ その14: アンロックする | メモ置場のブログ

できましたー!
ちなみにMiMaxにも同様にMoreLocale2を入れています。

関連記事

1件のコメント

  1. 同じゴールドのRedmi 4 Primeを注文してまだ届いてないのですが、大変参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -