窓拭きシートとか、ドアバイザーとか、撥水スプレーとか。

カー用品って微妙というか、眉唾なものが多いです。安物買いの銭失いを地で行く小生だから微妙なクオリティのものばかりに出会ってるのかもしれませんがね。小生がマイカーを手に入れてからこの2年、いろんなカー用品を買ったり知人から譲ってもらったりして使いましたが、微妙な性能のもののなんと多かったことか。今日はそんな微妙すぎる物たちを紹介しちゃいます☆ので、購入なさるときは自己責任で。

まずは、100均の窓拭きシート。100均ってカー用品でも案外使えるものがあって、例えば滑り止めシートとか、ドリンクホルダーとか。小生100均LOVEっす。しかるに件の窓拭きシート。今現物が手元にないので詳細は省きますが、ウエットティッシュというか、お絞りというか、要するにあらかじめアルコールなどの薬品に浸してあるティッシュみたいなものです。これがぜんぜん使えません。どのように使えないかというと、窓を拭いたあと窓に白い膜のようなものがつきます!しかも油膜のようにかなりぎらつきます!!視界は最悪、落とそうと思ってもティッシュや乾いたタオルなんかじゃ落ちず、結局は濡れ雑巾でごしごしと落としました。雑巾を用意する手間を省くための窓拭きシートなのに、これでは本末転倒です。件の窓拭きシート、車から降ろしてお部屋の掃除用に使おうと思います。まぁ100均LOVEといっても、使えないものも多いですけどね・・・

続いては、メーカーは失念しましたがサイドミラーの撥水コーティング剤。これは知人に借りて数度使用しただけですが、これまた微妙・・・いや、実際効果はあるんですよ。本当に水滴がつかなくなるし。でもね、ミラーを見るためにはどうしても窓の水滴が邪魔になるわけで・・・それよりも!そのコーティング剤を使うとミラーがうっすらと曇った状態になった!言葉を変えると、ミラーってのは文字通り鏡面なんだけど、それがマットになったって感じ。しかも、そのコーティングは定着力が弱めなのか、ミラーを触ったりタオルで拭いたりするとコーティングがはがれるのね。はがれたところはもちろん水滴がつくし、冬なら当然雪がつき、凍りつく。それを取ろうとすればコーティングはおじゃんですよ。かといって放置すればミラーは汚れるものだし、雪は広がっていく。きー。

小生のクルマ、ドアバイザーがついてません。あ、ドアバイザーってのは開閉する窓の上についてるひさしのようなもので、風雨の室内への浸入を防いでくれるもの。なぜないのかというと、前オーナーが付けなかったから。あればとっても便利なのでヤフオクなどを物色中。ただね、クルマのデザインって星の数ほどもあるのに、どうしてドアバイザーの形ってほとんど同じなんだろう。色も茶色というか、紫というか、イケてない色ばかりだし、いかにも後付しましたって感じの取り付け方ばかり。なんか、もっとボディと一体化したようなイカしたドアバイザーってないものかしら。まあそういうレベルのモノになれば、バイザーはオプション品ではなく当然標準装備のものになるでしょうね。というか標準装備にして、ドアと一体感のあるデザインというか成型のバイザーを作ってくれよ!頼むよ!!

そして、昨日の大雨の折に購入した撥水コーティング剤。その名もアメットビー(スプレータイプ)。近所の某カー洋品店でディスカウントしてたので買ってみた。スプレータイプのいいところは、とにかく手軽なこと。塗りこみ式は窓をきれいに洗い完全に乾かすなど手順が要るが、スプレー式は雨の日に窓に向かってスプレーするだけ。そもそも撥水性能が必要なのって雨の日だもんね。ウォッシャー液を撥水効果のあるものに変えるという方法もあるが、それだと何か不都合が出たときのフォローが非常に煩雑なので小生的には×。んでもって、スプレーの効果は絶大であった。ただね・・・撥水コートってのも一種の油膜なので、何もつけない時よりは視界に影響するんだよね。例えば、ワイパーを動作させたときに一時的に白い跡ができたりとか、ワイパーがビビりやすくなったりとか。なんか、カーケア用品って完全に満足できたためしがないんだよなぁ。というか、時には「こんな未完製品でだますような商売をするな!!」と思ってしまうことも。はぁ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -