ThinkPad X260でBluetoothテザリング環境を作っておいた。

SSD搭載で起動の速いThinkPad X260。モニタを開けてほんの数秒で使用可能な状態になるので、持ち運んでると想像以上に重宝しています。

wifi環境がないところではスマホをアクセスポイントにしてwifiテザリングを行っていましたが、以前から気になっていたBluetoothテザリングを試してみました。

参考サイト様を紹介しながら、小生のやり方をご紹介したいと思います。

・スマホの設定、パソコンの設定とペアリング
技術メモメモ: Windows 10でBluetoothテザリングを使ってみた話

・パソコンにショートカットを作ってより便利に
Windows10のパソコンでBluetoothのテザリング接続を簡単に素早く行う方法 – いざ!創らん。

Bluetoothテザリングはネットワーク親機となるスマホの電池消費が少ないことがメリットですが、通信速度は遅いらしいです。遅いといってもネットサーフィン程度なら問題ない速度らしいのですが、一応通信速度を測ってみました。スマホはIIJmioのミニマムプランで契約したSIMで運用してます。

ちなみにwifiテザリングの場合はこちら。

確かに、wifiテザリングよりBluetoothテザリングのほうが速度が遅いです。使ってみた感じは、画像が多いページの閲覧はもっさりしてしまうものの、軽めのページの表示ならまあ許容範囲かなと思います。スマホのBluetoothを常時onにして、必要なときにパソコンからアクセスポイントとして接続する運用方法は、まあありなのかなと思いました。

ちなみにちなみに、自宅のネット環境(auひかり)だとこう。

テザリングなど話にならないくらい早いです(笑)

なお、突然接続できなくなるトラブルがあります。

Windows10のBluetoothテザリングで、接続方法が直接接続になってしまうときの対処法。 — 大阪脱出計画

小生も使い始めた当初は何度かこのトラブルに遭遇しました。原因がよく分からず、また復旧するのにとても時間がかかるので、今すぐテザリングを使いたいときにこのトラブルに遭遇した時は、復旧させるよりもwifiテザリングに切り替えたほうが早い、なんてことになってしまいました。

その後、パソコンとスマホのBluetoothをまずオンにした状態で接続すればこのトラブルに遭遇していません。双方のBluetoothをオンにしてさえいれば、パソコンのデスクトップに作ったショートカットから「アクセスポイント」を選択するだけでペアリングと接続が完了します。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -