年賀状 出す人出さない人

たぶん、郵便屋さんやコンビニなんかで「年賀状下さい」って言ったらホントはおかしいんでしょうね。商品名は「年賀はがき」、差し出され、届けられたモノは「年賀状」となるんじゃないかと。

閑話休題。毎年この時期は、年賀状を出すという習慣にかなり辟易します。って、この時期まで辟易してたらもう手遅れに近いんですがね。ただ小生年末年始の郵便局でバイトしたことがある経験上、30日くらいまでなら、その地域の中央局の年賀はがき専用ポストに出せば元日に届く予感。局内は、ホントに不眠不休でやってるからね。

ともあれ、習慣として出す年賀状ってやだね。いや、年賀状を出すのが好きな人はそうすればいいと思うし、小生だって、出してない人から来たりすると大慌てで返事を出すのはまあ仕方ないと思う。もちろん、この人には出しておこうって思う人もいないわけではないわけで、そういう人に対しては、儀礼ではない心からの言葉がすらすらと書面になっていく気がする。けど、上司とか、付き合いや礼儀で出すのってどうなんだろうね。ちなみに、職場内での気のおけない数人とは、「年賀状はお互いに出さない協定」を結んでる。それはそれで、相手を思いやる心からなんだよね。自分が出したものに対して相手に忙しい思いをさせたくない、そういうこと。出すのが面倒だからという気持ちもある。けど、そんな気持ちはお互いオープンにして、お互いのことを思いやる。これって、年賀状で伝わる思いやりや礼儀よりも、もっと大きいと思うんですよねー。

床屋さんで顔剃りすると、「眉の下を剃りますか?」と訊かれる。何十年も床屋に通って今さらだけど、どうしてこう訊かれるのかきちんと調べてみた。ネットで。床屋さんに直接訊けよ!という突っ込みはなしで。

こちら。

なるほど。ちなみに、美容室では顔剃りはメニューにないらしい。ということは、美容室としての営業許可書みたいなのがあるのかな?その規定に、顔剃りは出来ないって書いてあるんだろうか。うーむ気になる。

理美容 – Wikipedia
理美容師 – Wikipedia

読むかぎりだと、美容室での顔剃りは原則としてできないっぽい。化粧する下準備としてうぶ毛の処理をする、という理由を付ければなんとかなるみたいだが。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -