gmailをnPOPQで読む

gmailは要するにGoogleが提供するwebメールで、nPOPQとは軽量なメーラーです。軽量なのでUSBメモリに入れて持ち歩けるし、軽量とはいっても十分な機能を備えていますので普通の用途ならOutlook代わりに使えるかと思います。というか、ファイルの添付やHTMLメールが読めないことくらいしか欠点はないのかなって気がします。

で、PCのメアドに届いたメールを読めるので、会社のメアドを登録しておいて出先や自宅で読んだり、逆に自宅のメアドを登録して会社で読める・・・って、どのメーラーでも同じですね。そもそも、gmailなどのwebメールはブラウザさえ起動できれば読めるのですから、わざわざUSBメモリとか持ち歩くこともないわけで、gmailしか使わないのならわざわざメーラーを使うこともないのか・・・うーむ。まあ小生はgmailや自宅プロバイダのメアドを含めいくつかのメアドを持っているから、それを一元的に管理できる環境をモバイルできるってことはいいことなのかも。

Gmailをメールソフトで読む方法。POP設定を徹底解説!

基本的には、メーラーの設定を多少やったことがある人なら、上記サイトを読んでもらえればすぐに設定できるでしょう。

ただし、設定で「すべてのメールでPOPを有効」に設定しても、メーラー側でメールの取得をすると、POPのステータスが「【取得をした時間】以降に受信したメールに対してPOPは有効」になってしまいます。仕様らしいのですが、nPOPQのようにメーラー側にメールをダウンロードしないタイプのメーラーだと、gmailのPOP設定を「すべてのメールに対して~」にいちいち設定しなおさないと一度取得したメールの再取得ができなくなってしまうのです。

gmail pop ステータス 以降に受信したメールに対して – Google 検索

検索結果にもあるように、少なからず問題視はされているようで・・・

とりあえず小生が見つけた解決法は以下のとおり。

nPOPQの設定

ファイル→オプションの受信タブで、
「新着取得時に本文をすべて受信」にチェックを入れてると、
nPOPQで新着取得したときにgmailのPOP3設定が変わってしまい、
取得時以降に受信したメールに対してPOPは有効、となる

nPOPQで常にすべてのメールを受信させたい場合は、
「新着取得時に本文をすべて受信」のチェックを外し、
「新着取得時に受信する行数」の数を適度に大きくしておけばOK
必要ないメールはnPOPQから削除しておけば大丈夫

つまり、nPOPQに限っていえば「本文をすべて受信」のチェックを外しておけばよさそう。んで、受信する行数を大きくしておけば、長文メールでも実質的には全て受信できていることになる、と。

ところで、上記の解説の部分、一部分だけ引用風になってるのは、その部分を別の時間に書いて、メールで小生自身に送ったからです。思い付きをちゃちゃっと書いてメールで自分に送るっての、結構便利なんだけど、メーラーのgmailアカウントから自分自身にメールを送っても、メーラーから見れません。かなり不便。こちらなど参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -