地図を見るのが好きなガキんちょでした

小生には年の離れた兄がいて、兄が学校で使っていた教科書や参考書なんかを眺めては心を躍らせていた時代があった。特に、兄の地図帳。8つも離れてると、世界情勢も変化する。兄の地図帳には、崩壊前の某社会主義連邦や、独立前のアフリカの国なんかが載ってたり。国名は赤文字なのに、なぜか黒文字で書かれた国名(つまり地域名)があったり、アフリカに引かれた幾何学的な、要するに直線的な国境とか、飽くことなく眺めてたし、地図帳を開くたびに「あ!ここにこんな名前の都市が!」などと新しい発見があったりしたものだ。「耳をすませば」を見ては聖二君の行ったクレモナを探したり、はたまた「天地無用!」を見ては登場人物の名前の由来となった岡山県内の地名を探したり。ドラクエIIIの世界の由来となった地名を探したり、飛び地や島を探したり。

そんな地図好きにぴったりなサイトを見つけました。
世界飛び地領土研究会(飛地)
小生もまだ読んでいる最中ですが、おもしろいですわ、このサイト。そして勉強にもなる。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -