ラ・プティット・バンドの演奏は小生にとって・・・

ラ・プティット・バンド – Wikipedia

本日、Kitara大ホールで聴いてきたのです。ラ・プティット・バンド。つまるところ古楽器アンサンブルというかヴァイオリン3人、ヴィオラ1人、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ1人、リコーダーとチェンバロが1人づつなんですね。

この中で小生的に注目すべき楽器だったのは、この団体の音楽監督であるシギスヴァルト・クイケン氏の演奏するヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ。「肩掛けチェロ」という意味のようで、胴体の長さは50センチくらいでしょうか。ひとまわり大きなヴィオラといったイメージ。しかしながら厚さが10センチくらいもあり、そして調律はチェロと同じ。つまり、キングサイズのヴィオラをギターみたく肩から提げて出てくる音はチェロの音域という、とても興味深い楽器でした。・・・氏は楽器を弾いている間終始うつむき加減だったのは、あごで楽器を押さえているからだったのかしら?楽器が首からぶら下がってるだけだからアップボウのときは楽器が上に押し上げられてしまうでしょうし。

さて、ラ・プティット・バンドの演奏、小生が古楽器によるアンサンブルになれていないせいか非常に疲れました。古楽ならではの解釈、奏法、音程感覚・・・どれも小生にはなじみのないものばかりで耳が一生懸命に聴いてしまって神経を使い果たして・・・ええい!まどろっこしい!とどのつまりは、音程が悪い!リズムも悪い!四季の冬の第2楽章、あの優雅な曲が8ビートのはじけた曲になっていたが楽曲の解釈はまあいいとしよう。なんか基本的なアンサンブルがなってないような気がした。聴いてて疲れました。家に帰って、小生の持っていた四季のCDを聴いてお耳直しをしたくらいだもの。いや、一人ひとりはすばらしいテクニックを持ったプレーヤーたちですよ、でも、なんか合ってない。ああいうのが古楽なんだ、といわれれば、ああそうかと言うしかないのだが、同じアンサンブルをモダン楽器でやったらどうなることやら、なんて考えてしまったり。

そういう演奏もあるのか、と思ったふしもないではない。彼らの古楽研究も、学問として、そして時代考証としての意義はあろう。だが、現代の奏法に耳が慣れてしまった小生、いくらオリジナルだからといって今さら古楽に立ち返る気はしないな。バロック音楽も好きよ。バッハは小生が最も敬愛する作曲家よ。だけど・・・モダン楽器、そして現代の奏法からほとばしる音色のほうが好きだもの。たとえ、バッハやヘンデルが想定していなかった音色だったとしてもさ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -