網戸を張り替えてみた

張り替えてみたというか、付いてる網は一度外したらもう付かないのだから、つまり一度外したらどうあれ新しい網を張らないといけないわけです。

小生宅の網戸は張られてから少なくとも10年近く経っていて、風雨や雪にさらされ紫外線にさらされまくってかなりパリパリになってたうえ、小生の乱暴な開け閉めのせいで縁からさけてました。どうしたものかな~と考えながら2、3年。そうです!確かここ数年は破れたままでしたね~

ひょんなことから、網戸の張替えは業者に任せると数千円から1万円台、自分でやればほんの数百円の材料代だけで出来ると聞きまして、今まで考えたこともなかったけれど、あ、網戸を自分で張り替えてみようかと。

水曜どうでしょうを見ながらこの記事を書いてるので支離滅裂な文章になってますが写真付きで紹介しますので続きをどうぞ。

ちなみに網戸は英語でscreen doorといいます。あー支離滅裂。


網戸って結構でかいのです。当たり前です。窓と同じ大きさですからね。そして軽い。大きい割りに軽いので取り扱い注意です。無用心に振り回したりしたらたちまちどこかにぶつけます。そして網戸はかなり汚れてるので室内で張替え作業をする場合はしっかり養生してください。ちなみに小生宅の網戸は非常に汚かったので、玄関を出てローカ(すなわちマンションの共用部分。自転車も同じところで組み立てました)で作業しました。この判断は正しかった・・・。

screendoor

うちの網戸は高さ6尺の幅3尺くらいです。上の網は広く、下は狭くなってます。んで、そのしきりのところにちょろっと出てるのがゴムビートといって、網をサッシに固定している、要するに詰め物なんですね。

screendoor

拡大してみるとこうなっています。これを網のまわりにぐる~っと埋め込むことで、ぴっちりと網を張っているわけです。接着剤なんかで接着しているわけではないんですよぉ~

screendoor

そのゴムをぴーっと外すとこうなります。こうなりますもなにも、網とゴムビートがサッシから外れたわけです。ホコリというか、土みたいな堆積物がぱらぱらと・・・外で作業しててよかったなぁ・・・網の方はもう捨てるかなんかしなきゃなりません(園芸なんかに使えるらしいですがね・・・)が、ゴムの方は劣化していなければなんと再利用できるのです。なので、とにかくこびりついた積年の汚れをていねいにふき取ります。網の外れたサッシのほうもしっかり汚れを落とします。このあたりでも、外で作業をすることにしてよかったなーと思ったわけです。ゴムもサッシも汚いですからねー。ついこのあいだ買った白いポロシャツで作業してたら、ポロシャツもいつの間にか汚れてましたよ。恐ろしいですね~

screendoor

はい!ここで生活の知恵というかプロの技!新しい網をサッシに仮止めするためにメンテを使ったわけですが、張る直前にいちいちちぎってらんない!ということで、あらかじめちぎっておくのです。あ、ちなみに通常の洗濯バサミなどではサッシの厚さがありすぎて固定できないのでご注意。

screendoor

で、サッシに仮止め。今回は黒い網を買ってみました。いえ~い!黒タイツ!みたいなもんですな。黒い網は一般的に使用されているグレーのものより視界が良くなるとのこと。24メッシュという細かさの網を選びました。メッシュとは、1インチあたり何本の線が入っているかという単位で、金網などにも使われる日本独自の単位だそうです。

screendoor

ゴムビートをぐりぐりと埋め込んでいきます。使っている器具は網押さえローラーというもの。そのまんまな名前ですが、正直「こんなものが必要なのか」と思いながらホーマックから買ってきたものです。しかしながら、はっきり言ってこれは必需品!こいつでころころするだけで、ゴムがするすると入っていきます。

張替えのコツなんかはここに詳しいですが、小生がつかんだコツもあります。それは、ネジなんかを締めるとき、全てのネジを仮締めしてから一つ一つ本締めするのと同じように、ゴムも一気に奥まで押し込むのではなくいったん全周を軽めに押し込んでから、そのあと奥まで押し込む、ということ。そうすることで、網がよりぴちっと張れるわけです。

screendoor

写真を見て分かるとおり、ゴムがちょこっと余った!同じゴムを使ったのに何故!?ともかく、いらないとこはカット!

screendoor

ゴムをきちんとはめ込んで、余分な部分をカットカット!

screendoor

残った方も網を取り付け、完成!広い方はちょっとたわんじゃった!でもさっきのとこに書いてありましたが、網をカットする前ならたわみも直せるんです。

はい、ここからがまた難関。部屋に搬入し、窓に設置しなきゃいけません。ここで緊張感を失うと、玄関や室内のどこかに引っかかって網が破れちゃった!なんてこともあり得るのでネ!

screendoor

はい、これが網押さえローラー。ホーマックで158円。

screendoor

便利そうです。いろいろ書いてあります。

screendoor

ローラー部分。この何の変哲もない形状のローラーがすごく使えるんです。斜めに面取りしてあるってのがミソなんだろうな~

screendoor

そしてここ!ローラーの反対部分。この部分が、コーナー部で直角にゴムを曲げながらはめ込まなきゃいけない部分にすごく使えるんです。ほんと、よく考えられてるなあ・・・

・・・というわけで、見ていた水曜どうでしょうもちょうど終わったし、そろそろまとめ。

ホーマックで買ったもの。
網(黒、91cm×200cm、24メッシュ) 378円
網押さえローラー 158円

おいおいおいおい!合わせて536円って、コンビニ弁当に毛が生えたくらいの値段じゃないですか!再利用したから新しいゴムビートは買ってないけど、あれだって確か300円くらいだったぜ?なんだよおい!

小生宅から用意したもの。
カッター、雑巾、メンテ(いわゆるガムテープ)

作業時間
1時間半くらい

網がね、またいろいろ種類があって、一番安い(そして売り切れてた)のはごく普通の網。つまりグレーで、20メッシュくらいで、といったもの。それは確か、小生が買ったものと同じサイズで250円くらいだったですよ。そのほかにもいろいろ高性能な網がありましてね。目のもっと細かい網とか、殺虫剤が網の繊維に染み込ませてあるのか、虫が寄ってこない網とか、室内側が黒、外側がシルバーで、室内からの視界は良好、外からは太陽光が乱反射して室内が見えにくいといった網とかね。ちなみにその高性能網は2メートルで千円ちょっとしてました。

そんでもって、肝心の取り付け後の感じ。プラシーボ効果かもしれないよ?でもね、明らかに視界が良くなった。そりゃね、今までのは掃除もしていない網戸だから汚れが付いていたでしょうさ。汚れが付くってことは細~い繊維が少しだけ太くなるってことで、そりゃ視界は悪くなるさ。でもそれだけじゃない、色が黒だから、なんかまぶしくないのね。それで、目に入ってくる余計な光が軽減されて視界が良くなったというのもあるのかもしれない。ちなみに外から小生宅を眺めてみると、う~ん、黒の網戸ってのはなんかちょっと目隠し効果になってる気がする。周りの部屋は全てグレーの網戸で小生宅だけちょっと黒っぽかったので、ちょっと優越感にひたってみたり。

というわけで、網戸の修理、承ります。高い金出して業者に頼むくらいなら、小生にご用命を。報酬は要相談。

参考にしたサイトなど:
農場主の日常 » 網戸 修理 の日
ひとりごと。。。 網戸の張替えをしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -