トゥーランガリラ交響曲も、オンド・マルトノも。

トゥランガリーラ交響曲 – Wikipedia
オンド・マルトノ – Wikipedia

いやはや、今年のPMFのプログラムの中で、これが一番の呼び物でしょうね。

オンド・マルトノという楽器を使うわけですが、この楽器は、平たくいえばアナログシンセです。ただ、音色がすごいというか、非常に表現力があるなと思いました。俗にいうシンセサイザーのイメージとはぜんぜん違います。オンド・マルトノの構造は上記リンクを見てもらうとして・・・って、この解説、オンド・マルトノを見たことも聞いたことには意味不明でしょうね。かくいう小生も、当日の演奏会で演奏されるのを初めて見て、嗚呼、こういう楽器なんだと納得できたくらいですもの。

その音色は多彩・・・笛のような音やらミュートを付けたチェロのような音やら、なんとも言葉で表現できない、あたたかい音色です。アナログシンセならではの太い音色や地を揺るがすような低音も魅力的。そして、なんといっても目立つのが大小形もさまざまなスピーカー。あれがいいんだろうな。スピーカーボックスにスネアやら銅鑼やらが入ってて、それがいい感じに共鳴することで多彩な音色が作られているんですね。

というかね、今、正直、この記事を書いててとても歯がゆい。なぜかって?オンド・マルトノの音色を言葉で表現できないから。小生の頭の中にはその音色が染み付いて離れないというのに。

聴いてください。それしか言えないッす。ただ、CDとかでは正直あまり聴こえない。グリッサンドなんかはかろうじて聴こえるけど、オーケストラとユニゾンでメロディーなんかやってるとこは、オケの音色に溶け込んでほとんど聴こえないもんね。だから、生で聴いて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -