枕もとの本は?

いやー忙しさを理由にぶろぐの更新をサボっている今日この頃ですが、ホントは、ね。面倒だからサボっているというか、仕事から帰って、ご飯食べたりいろいろして、眠くなるまで読書したりどうでしょうを見たりしてるから更新する時間が無いっていうだけなんです。ネタは時々思いついて、メールできるタイミングなら自分の携帯やPCにメールを送ったりして、ネタは集めてはいるんですけどね。家に帰るといけません。この体たらくですから。

Biz.ID Weekly Top10:安眠のため――今宵も図鑑をぱらぱら – ITmedia Biz.ID

小生の「寝本」ってなんだろう。ITMediaの筆者は「まあまあ面白くてー、あ、でも面白すぎたらダメでー」という基準で寝本を選んでいるそうだ。小生は・・・基本的に面白い本しか読まないな。そんでもって、面白くてついつい読み進めすぎて夜更かししたりしてると、小生は小生に対してこうつぶやく。「おまえ、明日寝不足になっても知らないぞ!」と。「おまえ」とは、もちろん小生自身のこと。つまり、読書が面白くて止められない小生(以下、A)と、その体たらくを冷静に観察している小生(以下、B)とがいて、その二人がせめぎあっているのだ。ポイントとしては、お互いにお互いの考えをそれなりに理解しているってこと。Aは、面白い面白いと言いながら読書し続けつつも、いつまでも読んでいてはいけない、と、心のどこかでは思ってる。Bもまた、読書欲という名のエゴをむき出しにしているAに対して、軽蔑しつつも彼の自由奔放さにあこがれている。つまり、ジレンマ。

というわけで、ブログの小ネタとして思いついたお題は「寝る前に読んだ本を、毎日チェキラ」。つまり、小生の最近の寝本を紹介しようという自己中心的な小ネタである。
さっそく昨日の寝本、というか昨日は確か読まずに食べた、もとい、読まずに寝たのでその前。高橋留美子『るーみっくわーるど』全3巻。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -