地デジ導入への道・・・其乃弐

2.アンテナについて考察する、の巻
すでに地デジ環境バッチリな諸兄やweb上で検索して回答を得ることに慣れていらっしゃる諸兄におかれましては、このあとの文章は面白くないかもしれない!だが!地デジを見たいけどなにをどうしていいのか分からない諸兄は、座して読んで欲しい。かく申す小生も、地デジに関しては全くの新参者。予備知識のほとんどない状態であった。だから、諸兄の気持ちはよく分かる!決して!決してQ&AとかFAQとか書いて検索に引っかかりやすくして、ネット内での「地デジ定番サイト」なんて言われたいわけではない!毎日数万人もの人がアクセスするマンモスサイトになりたいわけではない!モニタの前の迷える諸兄の、その迷いを解消したいだけである!

諸兄が地デジを見るには、諸兄のお宅が地デジ視聴可能エリア内で地デジチューナー(内蔵テレビなど)をお持ちで、UHFアンテナが地デジ電波送信方向に向いている必要がある!
UHFとは、簡単に言えばアナログテレビの13ch~62chのことで、UHFアンテナとはそれらの放送を受信するためのアンテナのことだ!屋根の上に上がってみよ!矢印のかたちをしたアンテナがあれば、それだ!
なに?もう一つ同じ形のアンテナがあると?地域によっては、放送局ごとに送信所が異なっている場合がある!それぞれに対応するためには複数のUHFアンテナが設置されている場合がある!
なに?付いているアンテナのなかにどうみても矢印の形ではないものがあると?それはおそらくVHFアンテナだ!間違えやすいがVHSではない!VHFとは、簡単に言えばアナログテレビの1ch~12chのことで、そのアンテナはそれらを受信するためのアンテナだ!
つまり、アナログテレビを見るためにはVHFアンテナとUHFアンテナが必要だったということだ!ここで書いているchとは、電波の周波数を帯域で区別したいわゆる「物理チャンネル」のことで、リモコンのボタンのことではない!混同している諸兄は注意してほしい!
BSアンテナについては諸兄もお分かりだろう!いわゆる「パラボラアンテナ」だ!

地デジ放送は、UHF帯の電波で放送される!したがって、現在アナログUHFが満足に視聴できている諸兄は、アンテナの買い替えなどは必要ないと思われる!ここが重要だ!地デジを見るためにはアンテナを換えないといけないといわれたりしたときは、ちょっと注意をしてほしい!無知な諸兄を狙ったアンテナの押し売りかも知れぬぞ!もちろん、あまりにも老朽化していたりしているなら、この機会に新調するのも手だ!ちなみに家電量販店に行ってみれば諸兄もお気づきになると思うが、アンテナ自体は高いものではない!せいぜい3千~1万程度だ!混合器などは意外と高く、4千円くらいする!
地デジ対応にするための工事などはこれから数年間はかきいれ時と思われるため、請け負ってくれる業者もたくさん出てくることだろう!無駄な出費を抑えたい諸兄は、ご自分でアンテナを設置してみるのも手だ!工事の依頼をする場合は、見積もりをきちんともらうことだ!言葉は悪いが猫も杓子も地デジ地デジ!!無知で多忙な諸兄を狙って工事請負詐欺なんかも発生することだろう!詐欺ではなくとも、法外な工賃なんかを取られたりするかもしれない!

ではどうすればよいのか?諸兄が正しい知識を持てばよいのだ!次回以降も、書きまくるぞ!心して読んで欲しい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -