3億円当たったらどうするか

今年も買いました、年末ジャンボ宝くじを30枚。それも、銀座の縁起のよさそうな店から。

まー3億円なんてそうそう当たるものじゃないから普通は杞憂に終わるってことなんだけど、とはいえ3億円当たったときのことなんか考えてみる。
その日から読む本/高額当選者の本ってなに? 宝くじガイド!
「その日から読む本 突然の幸福に戸惑わないために」なんて本があるくらいだもの。「3億円当たっても自分だけは大丈夫!」とか思っている小生みたいな自信家が一番危ないんだよね。3億円のことを回りにしゃべって回り、豪遊、浪費、挙句の果てに病気に事故、遺産目当ての殺人。そういうことにならないために、やっぱり3億円を当てたときのための備えをしておくことは無駄じゃない。だいたい、その本をもらうのはお金をもらうときでしょ。つまり、当選が確定してからある程度時間がたってからなわけで、まわりにしゃべって回ったり当選金を当て込んで豪遊を始めてからその本を見せられて心臓が凍るような思いをしてからじゃ遅いわけ。だから小生は、常に備えを怠らないわけ。

抽選日は12月31日、当選金の支払いは来年1月5日から。
年末ジャンボ宝くじ 公式キャンペーンサイト
PS「億の間」って、あれだけで数千万位しそうな気がして、思わずびびってしまう小市民の小生でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -