キューブのバッテリーを交換した

先日、キューブを車検に出しました。その結果についていつもクルマの事でやり取りをしているKさんと話をしていたところ、バッテリーが寿命とのこと。車検での交換は必須でないため交換はしていませんが、早いうちの交換を薦められてしまいました。

IMG_5506

どういう検査かよく分かりませんがバッテリーの検査結果がこちら。電圧はきちんと12V出ていますが、充電量が半分くらい、そしてなんと健全性が0!交換が必要とのコメント付き。

いつ交換するの?今でしょ。んじゃ交換するか。自分で。という感じで、今日は天気も良かったし久々の休日だったので軽い気持ちで出掛けました。

バッテリーの交換は、昔乗っていたマーチで経験済みですので、自分でやることに何の不安もありません。基本的に、同じ規格のものを買って、交換すれば良いだけです。バッテリーはカー用品店はもちろんのこと、ホームセンターにも売っています。ホームセンターの方が安く売っているので、今回も近所のホーマックで購入し、その場で交換することにしました。

IMG_5493

ボンネットを開けたところ。

IMG_5495

今付いているバッテリーはこんな感じ。PITWORKの表記があるということは日産の純正品ですね。見えにくいですが2010年2月に交換との表記があります。あれ、小生がキューブを購入したのはこの時期でしたね。
バッテリーの規格は見づらいですが55B24Lです。バッテリーの規格表示についてはこちら。品番の見方 | おしえて! カーバッテリー | カーバッテリー | Panasonic

バッテリーは、左上の赤い+端子と右上の-端子で電気系統と繋がっていて、中ほどの留め具でエンジンルームに固定されています。

IMG_5496

まず-端子を外し、ついで赤いカバーを外して+端子を外します。どうして-から外すかといいますと、-端子は車体の金属部分に接続されているため、いわば車体の金属部分はどこも-端子なのです。先に+から外してしまうと、外した+ケーブルが万が一車体に触れるとショートして大変危険だから、安全を確保するために先に-から外すわけですね。

IMG_5498

留め具も外しました。あとはバッテリーをそっと持ち上げて撤去するだけです。

IMG_5499

新しく買ったバッテリーはこちら。PANASONICのサイトによるとXEX WHITEというシリーズのようです。こちらのサイトによるとXEXシリーズの最下位で、評価としては若干落ち目なのは否めません。性能保証も1年ですしね。でも保証が2年になると値段が倍くらいになる価格付けを考えると、2年のものよりこまめに交換すればいいという考え方ができるし、そもそもそんなに電気製品を使いまくる車でもないですし、これでOK!ということで、ホーマックで8,618円で購入しました。

IMG_5500

意味もなく新旧比較してみました。何度も言いますがホーマックの駐車場で作業しています。人の迷惑になるのでもちろん駐車場の隅に駐車してますよ。往来が激しい場所だと危険ですしね。

IMG_5501

新しいバッテリー。下に交換日、走行距離を書き込めるようになっているので、あとで書いとこうっと。

IMG_5504

バッテリーを載せ換え、ステーで固定し、先ほどとは逆に、+→-の順で端子を接続します。今回の作業で使ったのはこのスパナ1本だけ。簡単ですよ。残念なのは、ステーでバッテリーのラベルなどが隠れてしまうこと。あずましくないですね。

古いバッテリーはホーマックで引き取ってもらいました。あとで持ってくるのは面倒なのでこの場で交換してよかった!

エンジンを掛け、始動チェック。時計などメモリーが消えているので再設定。作業は以上。10分ほどで終わりました。これからエアコンを多用する時期でバッテリーにも過酷なシーズンとなります。手軽に安心を手に入れました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


- Rental Orbit Space -