パーマセルテープ(シュアーテープ)、mt foto、mtマスキングテープの比較第2弾!mt fotoのブラックもいい感じ!

パーマセルテープ(シュアーテープ)、mt foto、mtマスキングテープを比較してみた。それぞれ特徴があるぞ! – HERMITCRAB

最初の比較では、mt fotoの代表選手としてグレーのテープを購入し比較しました。テープの質感は比較できたのですが、やっぱりほかのテープと同じくブラックカラーのものを集めて比較したい!そうじゃなきゃフェアじゃない!ということで、mt fotoのブラックを購入し、パーマセルテープ(シュアーテープ)、mtマスキングテープと再度比較してみました。

続きを読む

パーマセルテープ(シュアーテープ)、mt foto、mtマスキングテープを比較してみた。それぞれ特徴があるぞ!

写真サービス 商品情報 | 堀内カラー

パーマセルテープ
・Shurtape社製
・撮影補助材へのテーピング目張り、絶縁用に最適です
・特殊な高級ノリの使用で従来のテープとは異なり、剥がしても「ノリ跡」が残りません
・黒は遮光性に優れ、白は文字が書き込めて便利です

撮影現場で様々に使えるテープです。貼ったり剥がしたりが容易で、糊残りがなく、貼った面を傷めず、熱にも強いから照明器具にも使え、紙テープだからハサミが無くても好きな長さに切れるという万能テープで、持っているといろいろと頼りになるアイテムです。最近ではシュアーテープと呼ばれるそうですが、昔ながらのパーマセルテープという呼び方のほうがまだまだ一般的のようですね。

テープのこと:プロなら知ってる、パーマセル(シュアーテープ) | 使える機材 Blog!
万能!撮影現場で使われる魔法の紙テープ、パーマセルテープ・シュアーテープが凄く便利過ぎて困る | ガジェット通信 GetNews

実は小生、今までパーマセルテープを持っていなかったのですが、いろいろと便利そうなので今回思い切って購入することにしました。パーマセルテープはアメリカのShurtape社製なのですが、調べているとmtブランドのマスキングテープで知られるカモ井加工紙株式会社からも、mt fotoシリーズで同様のテープが販売されていることを知りました。そして、ベーシックなmtシリーズのマスキングテープにもマットブラックタイプがあり、パーマセルテープと同じような用途でも使えそうです。パーマセルテープはアメリカ製ですが、カモ井加工紙株式会社のテープは、mt fotoはもちろん最廉価のmtシリーズもmade in japanなのです。日本企業は応援したいですよね!ってことで、パーマセルテープ、mt foto、mtマスキングテープを同時に購入して、比較してみることにしました。

続きを読む

今年も江戸に上ってきたので、愛宕神社で出世を祈願してきたYO!

愛宕神社トリビア | 愛宕神社

正直、名前は聞いたことがあったものの、どこにあるのか、どんなところなのか全く知らなかった愛宕神社。よくよく調べてみると、小生が江戸務めで行動する範囲にあることがわかりました。しかも、愛宕山なんていう山にあるそうで。え?都心に山??なんか微妙に興味が湧いてきたので行ってきました。

大きなビルの向こうに、愛宕神社があるはずなのですが・・・

続きを読む

HUAWEI MediaPad M3(BTV-DL09)のeRecoveryモードを調べてみた。

HUAWEI MediaPad M3(以下M3)のeRecoveryモードは、ボタンの押し方やUSB接続の有無などで突入するモードが異なります。これが分かっていないと、目的のモードに入れず「壊れた!」と思いがち!復旧にあたって回り道をしかねません。ですので、調べてみました。

①【USB接続なし】電源+音量up長押し

ファクトリーリセットをすることができます。

②【USB接続なし】電源+音量up+音量down長押し

強制flash(強制アップデート)モードです。SDカードのdloadフォルダに入っているUPDATE.APPを強制的に焼きます。


データが入っていなければ当然ですがfailになります。

③【USB接続あり】電源+音量up長押し

Download latest version and recoveryと書いてあるとおり、最新版をダウンロードしてインストールしてくれるモードのようです。
ちなみにこのモードは、PCと接続している場合のほか、充電器を接続している場合でも入れます。


これでうまくいけば苦労はしません・・・


wifi接続中・・・


wifiに自動的に接続しています。特にアクセスポイントを選んだりパスワードを入力したりはしていないのですが、M3で使用しているアクセスポイントを自動的に選択して接続しているように見えます。


でも失敗\(^o^)/

④【USB接続あり】電源+音量up+音量down長押し

よくわからないのですがUSB経由でPCから操作して強制flashするモードのようです。でもPCからはM3が見えません。adb devicesコマンドを打ってみたのですが、リストに表示されません。


仕方ないので、電源長押しで強制再起動します。赤い字でなんか書いてありますが気にしない!

というわけで、それぞれのモードに入る条件・操作方法が明確になりました。以前の記事で強制flashモードに入らないとか書いたような気がしますが、もしかしたらUSBケーブルの有無などの条件を満たしていなかったのかもしれませんね。

ちなみに「長押し」ですが、M3の電源が落ちた状態で「長押し」して起動させ、MediaPadのロゴが表示されたらボタンを離せばOK。再起動の場合は、電源ボタンを押さなくても再起動しますので電源ボタンの操作は不要で、音量ボタンだけ長押しすればOKです。ロゴが表示されたらボタンを離しましょう。

HUAWEI MediaPad M3(BTV-DL09)再度文鎮化!そして復旧方法をおさらいしてみた。

HUAWEI MediaPad M3(以下M3)にどうしてもxposedを入れたいので(笑)、再度挑戦してみました。結果は失敗で、再度文鎮と化してしまった小生のM3。前回の文鎮化とは若干違う症状になり、復旧方法も異なりましたのでまとめてみます。

以前の記事のとおり作業をしてさくっとroot化まで終了。このあとはTWRPでxposedのインストールを行うわけですが、今回参考にしたサイトはこちら。

Xposed Framework for EMUI 5.0 and EMUI 5.1 [Install Guide]

INSTALL GUIDE:-
1.) Read Requirements and Preparation.

2.) Download and install Xposed Installer Apk Don’t Open.

3.) Download Xposed Framework flashable zip V1 Or V2 “K5_Xposed_SDK24_arm64.zip” and copy it to sd card or phone.

4.) Turn on your phone into recovery mode Via Volume Up + Power.

5.) In recovery mode go to “Install” navigate to “K5_Xposed_SDK24_arm64.zip” swipe to install.

6.) Back and Wipe Cache.

7.) Reboot & Enjoy.

Note:- Some phone take 5 to 10 Minute to boot after installing Xposed this is only one time.

Open Xposed from app menu and check the Xposed Status From Framework.

1と2は問題なく終了。3ですが、V1の方は前回失敗したときと同じファイルだったっぽいので、今回はV2のリンク先のxposed-v87_sdk24_arm64_v0.2.zipをダウンロードすることにしました。そして3~5の指示通りに、M3にコピーしてTWRPでインストールします。

ログを見る限り、エラーも出ていないし、問題なくインストールできたみたい。これはもしかして、成功!?

再起動すると、HUAWEIロゴから先に進まない・・・xposedインストール後の初回起動は10分位かかることがあるので気長に待っていたのですが、30分くらい待っても起動しない・・・これはまたしても失敗か・・・電源ボタンを長押しして強制的に再起動すると、eRecoveryが起動してしまいました。ハイ、また文鎮になりました(≧∇≦)/

続きを読む

気温がマイナス10℃くらいだったけど月食を撮影しました。

昨日、2018年1月31日は皆既月食でした。皆さん見ましたか?小生は見ました。そして鼻をすすりながら撮影しました!
皆既月食(2018年1月31日) | 国立天文台(NAOJ)
【特集】2018年1月31日 皆既月食 – アストロアーツ

月食の撮影する際の設定はこちらを参考にしました。
意外と簡単!皆既月食の写真をカメラで撮ってみよう!【詳しい設定付き】 | studio9
小生の機材は、カメラはCANON EOS D6、レンズはTAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (MODEL A005)を300mmでセット。もちろん三脚使用です。シャッターブレ防止にレリーズを使用するのがセオリーですが、準備が面倒だったので2秒タイマー(シャッターボタンを押した2秒後にシャッターが切れる)を使用しました。ライブビューモードにして、ピントはマニュアルで合わせています。


21:33。7割くらい欠けた状態でしょうか。1/60s, f/8, ISO 400


21:47。皆既直前の様子です。1/10s, f/8, ISO 3,200


22:37。皆既の真っ最中です。1/2s, f/5.6, ISO 800

というわけで、鼻水も凍る寒さの中で頑張ってみました!皆さんも写真を撮りましたかー!?

HUAWEI MediaPad M3(BTV-DL09)が文鎮から復旧しましたε-(´∀`*)

HUAWEI MediaPad M3(BTV-DL09)ブートローダーアンロック~TWRP導入~root化手順 – HERMITCRAB
HUAWEI MediaPad M3(BTV-DL09)が文鎮化しました(@_@;) – HERMITCRAB

まずは落ち着いて、状況を整理します。
・何回再起動を試みても、OSが立ち上がらない。ブートループ状態?
・eRecoveryは立ち上がる。(音量upボタンを押しながら電源on)
・TWRPは立ち上がらない。
・fastbootモードは立ち上がる。(音量downボタンを押しながら電源on)

fastbootモードからfastbootコマンドが使えますので、まずはfastbootモードを駆使してリカバリーを試みることにします。
※今更ですが、fastbootモードはスタンドアローンでは立ち上がらず、パソコンとUSBケーブルで接続しないと立ち上がらないことに気づきました。そらそうだ、fastbootはパソコンで端末を操作するモードですからね^^;

続きを読む

HUAWEI MediaPad M3(BTV-DL09)が文鎮化しました(@_@;)

文鎮 (電子機器) – Wikipedia

文鎮とはペーパーウェイトのことで、紙などが風で飛ばされないようそれ自身の目方でもって押さえる重しのことをいい、転じて、起動しなくなったり、再起動などを試みても反応せずせいぜい文鎮としてしか役に立たなくなってしまった電子機器のことをいいます。通常使用の範囲ではスマホやタブレット端末が文鎮化することはありませんが、メーカーが想定していない端末の扱い、例えば非公式のファームウェア(OSといってもいいかも)のインストールだとか、root化だとか、もしかしたら悪意のあるアプリをインストールしても文鎮化することがあるのかな?小生は前回の記事で、HUAWEI MediaPad M3(以下M3)のブートローダーアンロック、TWRPの導入、root化に成功したことを書きましたが、これらの作業も手順に失敗すると文鎮化の恐れがあります。すべての作業は自己責任で行う必要があります。転んでも泣かない!

HUAWEI MediaPad M3(BTV-DL09)ブートローダーアンロック~TWRP導入~root化手順 – HERMITCRAB

で、root化に成功したので次はxposedだ!と思って、情報収集を始めたのですが、検索してもM3での事例が皆無なのです。仕方なく、M3に入っているEMUI5.0というカスタムOSにマッチする(らしい)ものをこちらで見つけたので、これをインストールすることにしました。

続きを読む

札幌中心部では、だし醤油が自動販売機で買えます!【だし道楽】

とある寒い日のこと。

小生「あー寒いな~、自動販売機で温かいコーヒーでも飲みたいな~」

小生「あ、あそこに自販機があるぞ、行ってみよう」

小生「交差点の向こうだ。ん?なんか変な旗が立ってるぞ」

小生「さてどの自販機にしようかな。左端の白い自販機にしよう。売ってるのはペットボトルだ。どれどれ、ラインナップは2種類か」

小生「1本700円!高いっ!」

小生「背に腹は代えられぬッ」

小生「だし道楽!なんと面妖な!」

というわけで、札幌市内にはだし道楽さんの自動販売機があります。しかも3箇所!いつからあったのか気づきませんでしたが、先日友人の紹介で初めて知りました。せっかくなので、市内3箇所の自動販売機を全部回ってみることにします。なんという誰得な企画でしょう!こんなことをやって嬉しいのか小生!?と自問自答したくなりました(笑)

だしの自販機設置場所 – だし道楽『だしの自販機でおなじみ』有限会社二反田醤油

まずは先ほども訪れた中央区北3条西2丁目。三井のリパークと提携しているのですね。

そしてこちらは中央区北1条西5丁目。北菓楼のとなりです。

ここはほかに自販機がなくて寂しそう・・・

最後に、中央区大通西5丁目。大通公園の南側(南1条側)ですので行かれる方はご注意ください。

ここはほかにも自販機がありましたが、全部白い筐体でした。間違って他のものを買わないように注意が必要ですね☆

今回購入したのは「だし道楽焼宗田節入り」でした。以前購入し結構使っている「だし道楽焼きあご入り」と比べてみましょう。見えにくいですが、「宗田節入り」は中に宗田節と昆布が、「焼あご入り」は中に飛び魚節?と昆布が、それぞれ1本まるごと入っています。なかなかワイルドです。

味の方ですが、「焼あご入り」を最初に購入したのでその印象が強いですね。小生はあごだしに親しんでいるので、やはり親しみのある味であることと、普通のだし醤油にはないガツンとした青魚の香りが楽しめてとても好きです。うどんなんかはもちろん、TKGなんかにかけると高級TKGになる感じがします。それに比べると、「宗田節入り」の方は一般的なだし醤油の味に近いかな・・・でも、よく使っているだし醤油よりもコクがあり、半端なく香るだし感のおかげで、薄味でもしっかりと旨味を感じます。そして独特なとろみ(入っている天然昆布によるものだそうです)が食材によく絡んで美味しいです。いろんな値段のだし醤油があるなか、500mlで700円は高い部類だと思いますが、いざという時の勝負だしとして、持っていても良いのではないでしょうか?

1 2 3 4 86